Q65 鍼灸治療っていつから始めたらいいですか?

妊活に役立つ最新情報をまとめて無料メール配信!!

当ブログでは、妊活や妊娠中に役立つ内容のブログを更新しております。毎月10日に、前月に掲載したブログのリンクをまとめてお知らせするメルマガ配信サービスを提供しております。ぜひご登録ください。

\解除はいつでも簡単にできます/

少しずつ寒くなってきましたね。いかがお過ごしでしょうか。

今回も治療中によく話題に上がる、「鍼灸っていつから開始するのがべすとですか?」の質問に回答していきます。

善は急げ、できるだけ早く鍼灸治療開始してもらいたいです。

理由は、下記の2つになります。
①:年齢が上がると、卵子・精子の質が低下、妊孕力も低下するため。
②:出産後の育児にも影響を与えるため。

それぞれ細かく解説していきます。

年齢が上がると、卵子・精子の質が低下、妊孕力も低下する

卵子・精子共に1日1日加齢変化により、成熟卵の獲得が難しくなり、精子の運動率は低下、奇形率は上昇していき、胚盤胞到達率が低下していきます。

これは、純粋な加齢による身体の生理機能の低下に加え、日々のストレスによる身体がさび付く酸化現象の加速や、誤った生活習慣(不規則な睡眠、バランスを欠いた食事など)が継続され不定愁訴(倦怠感、脱毛、肌のつやの低下)が増加していき、日々の生活を営むだけのエネルギーしか残らず、妊娠が難しい状況へ追い込まれていきます。

診察していて、多くの方が何らかのセルフケアにより、体調ケアをして下さってはおりますが、鍼灸治療とセルフケアとでは、改善できる幅が大きく異なります。

身体の特定のポイントへ鍼やお灸を行うことで、卵巣・精巣への血流が改善され質の向上が期待できます。
鍼灸治療の基本的な概念の中に、『未病を治す』というものがあり、ご自身が不調を実感する前に、鍼灸師が先回りして弱っている機能を見つけ出し、治療を行い予防することができます。『未病を治し』、不定愁訴を取り除き妊娠できる身体作りを1日でも早く行うことで、妊孕力を保ちます。

また、精子は約70日、卵子は約90日間の成熟期間が必要であり、治療開始から効果の出現には時間差があることも、早期に鍼灸治療を開始する根拠になります。
(特に40歳以降の方は、採卵が想定される3か月前より鍼灸に加え漢方治療と3か月のフルサポートセルフキュアセット(サプリメント+自宅灸)を開始することを強くお勧めします。)

出産後の育児にも影響を与えるため

これは、不妊治療で実績がある当院ならではの意見になるかもしれませんが、不妊治療を経て無事出産された患者様が、産後のケアとして再度来院してくだsる歳に、非常によくお聞きすることですが、『育児は、本当に体力勝負!先生が体調を整えることを、強く指導してくださった、本当の意味がわかりました!』

無事に妊娠出産を終えた後には、まさに不眠不休の育児がスタートします。年齢が上がれば、基礎体力は低下します。
産後の肥立ちや育児を考えると、1日でも早く結果を出す必要があります。

1日でも早く結果を出すには、1日でも早く行動を開始することが大切になります。

まさに、『善は急げ!』です。

鍼灸師 村松 慎一郎

お知らせ

『ココロもカラダも温める』をテーマに、妊活するすべての人へメッセージを発信しています。
時節に応じたカラダの養生、たいけん先生がお悩みにこたえるQ&Aなどのインスタライブも好評です。(毎月第4日曜日予定)現在、フォロワー数が1,400人以上となっております。ぜひ、フォローお願いします!

\フォロワー急増中!!/

授からずに悩んでいませんか?

院長が患者様に伝授してきた妊活のゴールデンルールを「サプリ、お灸、ワークブック」にまとめ、セットにしてお届けします。

\愛用者急増中のオリジナルセットです/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

記事がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次