ENGLISH
 03-5469-0810

なぜ鍼灸が不妊に効果があるのか? 5つの理由

自然妊娠、人工授精、体外受精。妊娠する方法は様々ですが、すべてに共通していること。それは受精卵が胚盤胞まで育たなければ着床に至らないということです。ニワトリの卵に例えると、ヒナが中から殻を破って、外から栄養を吸収しなければ生きていけない状態で、卵の中の栄養を使い切った状態です。

実は人の卵も一緒。下記のように殻を破って、外へでてきます。

胚盤胞

胚盤胞とはまさに、子宮内膜へ着床し、そこから栄養供給を受けなければ生存していけない状態です。

実は、不妊の大きな原因の一つが卵子の老化です。採卵あたりの生産率(出産に至る率)が低下しているのも、35歳を超え体外受精を行う方が増えているからです。卵巣の血流を良くして卵巣機能を高めることで、卵子の老化を防ぎ、胚盤胞へ到達する受精卵を増やすことで妊娠率向上を目指します。血流は自律神経と密接なかかわりがあるので、自律神経を整えることも大切になります。

子宮は毎月の排卵に合わせた厚くなり、胚盤胞の着床に備えます。

子宮内膜の厚さの理想は10mm。潤沢な血流の供給を受け、内膜は理想の状態になります。
下記画像は左側が正常な内膜。右が薄い内膜の状態を表しています。
内膜は主に血管の量、血流の速さ、血流量、内膜の容積で評価されますが鍼灸によって、それらが改善されます。

また、着床に関しては内膜の厚さ以外に、子宮内フローラ(細菌叢)のバランス、子宮内の細菌の中で慢性子宮内膜炎の原因となる菌のバランスを整えることも大切になります。さらに、月経痛や月経前後の不調、月経痛による鎮痛剤を常用している場合は、ホルモンバランスを始め、お腹の状態(腸内細菌)を整えることが重要となります。鍼灸施術により、血流、ホルモン、胃腸の働きを整えます。さらに言えば、腸内細菌叢―腸―脳軸(microbiota-gut-brain axis)といって腸内細菌からの情報が脳に達し、人の免疫システム、ホルモン分泌、精神の働きなど密接に関連しています。子宮内の状態を整えるには隣接する腸の状態を整えることも重要であるといえます。

免疫といえば、「攻撃」のイメージが強いですが、「抑制」も実はとても大切です。じつは、妊娠に関してはTレグ(制御性T細胞)という免疫細胞の一種があり、血気盛んな「攻撃」をする免疫細胞に「これは攻撃しなくてよい」という免罪符を渡す役割をしています。これを免疫寛容といいますが、この免疫寛容という働きが妊娠状態を維持するためにはとても重要になります。免疫はアレルギーとも密接な関係がありますが、免疫寛容の状態を作ることで、流産率の軽減、妊娠の継続を目指します。

妊娠に欠かせないホルモンは主に脳(視床下部、脳下垂体)から分泌されるホルモンと卵巣から分泌されるホルモンに分かれます。そのほか、甲状腺から分泌されるホルモンも妊娠に影響します。妊娠・出産には様々なホルモンが関わっており、そのホルモンバランスが妊娠に大きく影響を及ぼします。生理周期、移植周期、採卵周期に合わせ必要なホルモンが適度に分泌され、バランスが取れていることが大切です。

脳では常にフィードバック機構が働いており、そのフィードバックがしっかり機能することで卵胞の育ちが促進され、その結果排卵が促され、内膜が厚くなるなど、妊娠において大切な一連の人の詳細なバランスが保たれております。鍼灸はそのバランスを整えることを得意としております。不妊治療中は様々なホルモン剤を利用しますが、なかなかバランスが整わないかたもいらっしゃいます。その結果、不妊治療で思うような結果が得られないことがあります。

なぜ鍼灸が不妊に効果があるのか? 5つの理由

私たちの生殖器(卵巣・子宮・精巣)は迷走神経を始め、自律神経の支配により子宮・卵巣の血流や卵管に至っては卵巣から排卵された卵を取り込み(ピックアップ)、卵管内の繊毛の働きにも関与しています。また、勃起や射精をコントロールしているのも自律神経です。さらに腸の運動にも自律神経が関与しています。近年、睡眠不足や不眠など、ストレスに由来する不調も多く、自律神経が乱れている方が大変多くいらっしゃいます。多くの方は交感神経が優位になることで、首・肩の凝りを訴え、その結果、お腹を触ると固く、押すと痛みを感じることもあります。これは内臓体性反射といって、骨盤内の血流が悪いしるしです。子宮・卵巣・精巣への血流も当然悪くなります。これらの症状を改善し、自律神経のバランスを整えていきます。

自律神経と不妊の関わりについて、更に詳しく知りたいかたはこちらを参照願います。

一人ひとりの症状に適した経穴(ツボ)に金属のほそい針を刺し、刺激を加えて、自律神経を整え、卵子や精子、子宮内膜の「質」を高めることにより、妊娠しやすいカラダに近づきます。


こころもからだも温める… 東京での不妊鍼灸治療はアキュラ鍼灸院へ

今すぐ予約する!
03-5469-0810

診療時間(火曜日休診)
10:00~21:00(月・水)
9:30~21:00(木)
9:30~19:00(金)
9:30~18:00(土・日・祝)