ENGLISH
  03-5469-0810    

漢方相談の受付時間:
火・水・金 10時~17時、
木 10時~14時、
土曜日(隔週)10時~14時

アキュラ漢方相談

~はじめに~

こんにちは! アキュラ漢方の徐 朝子です。
この度、10年以上の思いを形とし、ついにアキュラ鍼灸院併設の漢方薬店を開く運びとなりました。

アキュラ漢方では、じっくりとお話を伺い、お一人お一人のお体に合った漢方薬をチョイスいたします。また、漢方をお飲みいただく上での養生を、実践的にアドバイス致します。

子宝不妊漢方

東洋医学はバランス医学です。

こころとからだのバランスをはかります。

からだの機能がスムーズに働き、全体的に調和がとれている状態を健康とします。
そのため、バランスがどう偏っているのかを判断し、足りないものを補う足し算の漢方や、不要なものを取り除く引き算の漢方などを使って整えていきます。

同じ疾患の方でも、体質やおかれた環境などを考慮するので、お一人お一人にご提案するお薬が異なることがあります。これはつまりオーダーメイドです。
養生をすることで病気を防ぐという、予防の概念も2000年以上も前より存在します。
現代でも注目されているこれらの要素が盛り込まれていることは、東洋医学が古のものではないことの証明です。

漢方で、体が本来持っている自然治癒力を引き出しましょう。
あなたの心と体をよりよくするためのお手伝いが出来ると嬉しく思います。
手作り家具と緑に囲まれた、落ち着いた空間をご用意してお待ちしております。
ぜひお気軽にお越しください。

~アキュラ漢方の目指すもの~

心も体も軽やかに、自分らしくのびやかに過ごせること。

私たちは情報にあふれた、とてもスピード感のある毎日を送っています。刺激的であり、つかみたい情報はすぐにキャッチでき、大変便利な世の中です。
その一方ですり減らしているものがあるのも事実だと思います。その一つとして、「自分の心や体の声に耳を傾けること」があげられると私は思います。

自分では当たり前と思っていたことが、体の不調であることがあります。
例えば生理のトラブル。生理痛や、生理前におなかがゆるくなる、いらいらするなど。
更年期症状でのぼせて、寝つきづらい。生来おなかが弱くて食も細く、やる気がでない、などなど。

女性はとくに、月経や出産など、男性よりもホルモン変動に左右されやすく、それにより様々な症状が出てきますが、そのような症状も、漢方でバランスを整えてあげると軽減することがよくあります。

妊娠のしづらさに悩む方もたくさんおられます。
避妊をやめたらすぐに当然出来ると思っていた子どもがなかなか出来ない焦り、周りや親からのプレッシャー。
現代社会では晩婚化とともに妊娠希望年齢も上がっていることは事実です。妊娠に関していうと、年齢を重ねるというだけで妊娠のしづらさに直結してしまいます。年齢に抗うことはできないですが、漢方には「補腎」という概念があり、アンチエイジング・妊娠力の底上げに一役買ってくれます。

不妊治療においては、(女性の場合両側の卵管閉塞や、男性の場合無精子症など)原因がはっきりわかる場合もありますが、専門病院をもってもその原因がはっきりわからない場合もあります。どちらの場合であっても病院での治療の補佐は可能ですし、漢方薬で体づくりをしておけば、体外受精やホルモン治療の治療効果を高めることにもつながります。

更に、従来は女性が原因というイメージの強かった不妊症ですが、現在はその原因は男女半々といわれています。男性にも女性にもアプローチする方法がございますので、まずはご相談ください。
西洋医学的アプローチと、東洋医学的アプローチ、両方の『いいとこどり』しませんか。

その他、普段の体調管理、妊娠前の体づくり、産後の体調管理、PMS、子宮筋腫、更年期との付き合いなどなど・・妊娠中に服用できるものもございます。
まずはお問い合わせください。

お時間とご来店の流れについて

初回は30分~45分程度、2回目からは15分~30分程度お時間をいただきます。(ややお時間が前後することがございます)
アキュラ鍼灸院に来院歴のない方は、問診票をダウンロードいただきご記入の上ご持参ください(最終ページは不要です)。ご来店後にご記入いただくことも可能です。その場合、ご予約時間の10分前にはいらしてください。アキュラ鍼灸院にすでにおかかりの方は問診票は不要です。
お話を伺い、舌を拝見する場合がございます。
病院やクリニックにおかかりの方は、検査結果やお薬の内容がわかるものをご持参ください。

費用について

漢方薬ご購入の場合、相談料はいただいておりません。
お一人お一人、体質や症状に合わせてご提案する漢方薬が異なるので一概には言えないのですが、体調管理のご相談の場合は1か月あたり1.5~3万円程度、子宝相談の場合には3~5万円程度の方が多いかと思います。症状改善を急ぐときや、東洋医学的にみて原因が入り組んでいると思われる場合にはもう少し費用がかかることもあります。ご予算がある場合もお気軽にご相談ください。
ご相談のみ(漢方薬をご購入されない場合)3000円(税別)の相談料をいただきます。

子宝不妊漢方 Q&A

鍼灸と漢方相談、両方うける場合どれくらい時間がかかりますか?
<すでに鍼灸に来院歴のある方が初めて漢方相談を受ける場合>
鍼灸通常治療1時間+漢方初回相談が30分~45分かかります。鍼灸と漢方は順番が逆でも構いません。
漢方相談をしたいのですが、どうしたらよいですか?
「お時間とご来店の流れについて」「ご予約について」をご覧ください。
健康保険は使えますか?
当店で取り扱う漢方薬は、保険適用外であるため保険はお使いいただけません。
ご了承ください。
こどもを連れて行っても大丈夫ですか?
ゆっくりお話を伺いたいため、お子様のご来店はお控えください。
漢方は妊娠中でも飲めますか?
漢方薬の中には妊娠中には飲まないほうがよいものもありますが、つわりの改善や、赤ちゃんの居心地が良いようにする「安胎薬」とよばれるものなど、妊娠をサポートするものもございます。まずはご相談ください。
病院の薬を飲んでいますが漢方を併用しても大丈夫ですか?
西洋薬と漢方薬は併用可能な場合は多いですが、一部、併用に注意が必要なお薬もございます。現在服用されているお薬や健康食品、サプリメントなどがありましたら、お知らせください。
漢方は長期間のまないと効きませんか?
漢方の中には即効性のあるものもあります。
例えば風邪薬などは、1回の服用で違いを感じることもよくあります。
慢性疾患や、長期間お困りの症状ではそれなりの期間がかかると思ってください。10年間悩んでいた症状が1週間ですっかりよくなることはありません。まずは2~3か月は意識して続けましょう。生まれ持っての体質もありますが、生活習慣や日常的なストレス・思考の癖が不調を作り出していることもよくあります。まずはご相談を。
漢方は苦いですよね?
炎症をとる漢方や解毒の作用のある漢方には苦いものが多いことは事実です。例えば、熱感があり痛みやかゆみの強い皮膚疾患や便秘に使う漢方は苦いものも多いです。
しかし、足し算(体の中の足りないものを補う)漢方には甘めの味が多いのです。
その方の体調に合わせたものをお出ししますので、漢方=苦い・まずいではないのです。
また、味覚は驚くほど個人差があるため、一概には言えません。
漢方薬に副作用はありますか?
使用生薬に対するアレルギーがある場合を除いて、体質に合っているものを通常量服用されている場合、目立った副作用は見られないことが多いですが、漢方薬を飲み始めてからいつもと違う不快な症状が現れた時はお早めにお知らせください。

徐 朝子プロフィール

薬剤師
明治薬科大学卒業後、病院、大手調剤薬局勤務を経てイスクラ中医薬研修塾へ入塾。
漢方薬局勤務後、アキュラ漢方を開店。
軽やかに、のびのびと、心も体もしなやかに生きていきたい、そんな思いを込めて。
日本漢方、アロマ、ハーブ、サプリメントなど興味のあることをあれこれ学んできました。
今まで吸収してきた知識や経験を存分活かし、皆様の健康維持に還元していかれるよう、精一杯努力してまいります。


PAGE TOP
ENGLISH
  03-5469-0810