ENGLISH
 お問い合わせ    

無料メール配信サービス(1か月分のブログをまとめてお届け)

当院では毎週、妊活や妊娠中に役立つ内容をブログで配信しております。
毎月10日に、前月に更新したブログのタイトルとその見出しを、まとめてお知らせするメルマガ配信サービスを配信しております。ブログを毎回チェックするのが面倒、まとめて読みたいなど読者からの声を反映し、皆様のお役に立てればと思ってます。また、当ブログで最も読まれた過去の記事を月間アクセスランキングとして発表しております。メルマガ配信サービスをご利用になるには、下のボタンをクリックしてご登録ください。

\メルマガの解約はいつでも簡単にできます/
無料メルマガにいますぐ登録

卵巣機能を改善する鍼灸について

AMH検査でわかるのは卵子の在庫の目安

卵巣予備機能を計測するAMH検査をご存知でしょうか。AMHとはアンチミューラリアンホルモンの略ですが、このアンチミューラリアンホルモンは発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンです。このホルモンの数値を計ることにより、原始卵胞から発育する前胞状卵胞数を予測することができるのです。

つまり、卵巣内にどれくらい卵の数が残っているか、また、卵巣の予備能がどれほどかを反映すると考えられています。統計学的にAMHは、35歳~37歳を境に急激に低下すると言われていますが、じつはかなり個人差があります。 

また、AMHの数値のみからは妊娠のしやすさや卵の質はわかりません。数値が表すのはあくまでも卵子の在庫の目安です。ですから卵が順調に育つかどうかはAMHではなく、年齢に相関します。

生活習慣が卵巣機能の個人差をつくる

卵子の老化は実年齢に比例するため、同じAMHの値であっても、年齢が高くなればなるほど薬への反応は悪くなり、生産率(子供が生まれてくる確率)も低くなります。

AMHの数値に個人差があるのは、卵胞発育を制御している遺伝子発現に由来するものと考えられています。その発現因子は遺伝的因子、環境的因子、生活習慣因子などさまざまであると考えられていますが、現代女性の生活習慣の変化が大きいのではないかと思います。現代の女性の卵巣機能は長年の不摂生や悪い生活習慣が個人差の大きな原因である可能性は高いと感じています。

鍼灸で血流を改善すれば卵巣機能も改善する

卵子は大量の栄養供給を必要とします。その証拠に卵巣は濃密な微小血管で満たされています。大量の血液を必要とするため、卵巣は腹大動脈から分岐する卵巣動脈と子宮動脈から分枝する2本の卵巣枝によって供給を受けています。卵巣機能を改善するには、卵巣への血流を改善することが大切です。その血流を改善するのに最も適しているのが鍼灸だと言えるでしょう。

しかし、それには的確な鍼灸手技とテクニックが必要です。鍼灸師の間でも意外と知られていないのが奇経の働きです。卵巣機能にもっとも影響があるのは8つある奇経の一つであり任脈です。卵胞から分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)に関連しています。奇経は十二正経を調整する役割を果たしており、奇経を調整することにより鍼灸の効き目は断然違ってきます。

卵巣機能の改善ですぐできることは、夜更かし、偏食、暴飲暴食、薄着と言った生活習慣の見直しです。それと並行して受けてほしいのが、卵巣への血流を良くする適切な鍼灸治療です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ブログランキング


アキュラブログでは、「妊活・不妊鍼灸治療」カテゴリーにて以下のブログランキングに参加しております。
記事の内容がお役にたてた場合は、以下のバナーをクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

健康と医療(不妊)ランキング
健康と医療(不妊)ランキング

妊活ランキング
妊活ランキング
PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ