お風呂で卵子の質UP!! HSP入浴法について

妊活中の皆様の中に「なかなか良い卵が取れない」というお悩みを抱えている方、いらっしゃいませんか?

当院にも上記のお悩みを抱えた方がたくさんおみえになります。
しかし、妊活中の多くの女性は「仕事が忙しい」「クリニックだけでいっぱいいっぱい」という方が多いのも事実です。
そんな方に朗報です。
もし、ご自宅でいつもの入浴法を少し変えるだけで卵子の質を改善できるとしたら。

その入浴法がHSP入浴法です。

HSPとはHeat Shock Proteinの略で、人間や動物にも備わっている傷ついた細胞の修復や免疫細胞を強化するタンパク質です。

HSPは体温が上がると増えていきます。
体温を上げると代謝や血流、免疫力もアップします。
卵子は主にタンパク質からできており、HSPは卵子のタンパク質の修復に一役買っています。

残念ながら「卵子の老化」は止めることができません。
しかし、細胞の代謝を促進しタンパク質の修復がきちんと行われることで老化にブレーキをかけることはできます。

具体的な入浴方法は
42℃では10分
41℃では15分
40℃では10分
の全身浴をする、という方法です。
体調に不安がある方は半身浴でもOKです。
上記の温度、時間で体温は約38℃に上昇します。
そして体内のHSPは入浴の2日後をピークに増加します。
そのため週2回または3日に1回の習慣が理想とされています。

また、炭酸系に入浴剤を入れたり、入浴後15分はすぐに涼まず保温をすることでさらに効果をあげることができます。

注意点として水分補給は常温以上の温度でこまめに摂るようにしましょう。

是非、頑張っている自分と長年連れ添った卵子を労わる素敵なバスタイムをお過ごしください。

鍼灸師 中原 早津希

よろしければ過去の記事も参考にしてください。
ヒートショックプロテインで冷え対策

********************************************
★★徐院長がインスタ「たいけん先生」を始めました。★★
是非フォローをお願いします!
https://www.instagram.com/taiken_sensei/
********************************************

授からずに悩んでいませんか?

院長が患者様に伝授してきた妊活のゴールデンルールを「サプリ、お灸、ワークブック」にまとめ、セットにしてお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

記事がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次