ENGLISH
 お問い合わせ    

妊活に役立つ最新情報
まとめて無料メール配信サービス

当院では、妊活や妊娠中に役立つ内容をブログで配信しております。毎月10日前後に、前月に掲載したブログのリンクをまとめてお知らせするメルマガ配信サービスを提供しております。ご利用になるには、こちらからご登録ください。

\解除はいつでも簡単にできます/
無料メルマガに登録

なぜ2人目を授からないのでしょうか? … 2人目不妊について

一子は授かったが二子目がなかなかできない…いわゆる二人目不妊といわれるケースでお悩みの方、実は少なくありません。
特に一子目を自然あるいは人工授精で比較的スムーズに授かった場合、余計にもどかしさを感じられる方も多いのではないでしょうか?一子目で治療中の方にも知っておいて頂きたいことばかりですので、是非お読み頂きたく思います。
背景として考えられることはいくつかありますが、今回は患者様を治療させていただいていて気になることをシェアさせていただきます。

まず一つには、妊娠・出産・授乳・子育て、と体力を消耗して回復できていないこと。
生理、妊娠、出産、どれも自然の営みのため特別ケアをする必要などない、と思っていらっしゃる方が多いですが、決してそうではありません。
女性が初潮から閉経までの間、生理で失う血液の量はなんと50㎏にもなります。その上に妊娠中は自分の血液を介して胎児に栄養を与え、出産で多くの血を失う。母乳はもとをただせば母体の血液。授乳・子育てのためまとまった睡眠も取れない…まさに東洋医学で言うところの激しい「気血の消耗」が、妊娠・出産・産後と年単位で起こります。
もともとやせ型だったり体力のない方の場合、授乳をやめてもなかなか生理が戻らない、あるいは生理不順が続く、などがありますが、十分な体力回復がなされていない場合には十分に考えうることです。

またそこまでいかなくとも、妊娠前と出産後を比較してみてください。
疲れやすい、風邪をひきやすくなった、アレルギーが出てきた、なんとなく鬱っぽい、脱毛、髪に艶がなくなったなど何らかのサインがあるのを見逃していませんか?子育てに仕事に家事、と極限まで頑張ってしまっていませんか?

もう一つの要素は、プロラクチンの影響。プロラクチンは乳汁の産生にかかわるホルモンですが、授乳と妊娠が重なっては生命の危機につながります。そのため身体をまもるため妊娠しにくくする作用があります。授乳をやめてもその影響から回復するのに時間がかかり、無排卵、生理不順などが続く方もいらっしゃいます。

そしてもう一つ、意外な盲点になっているのでは、と思われることが。それは不育症検査のカテゴリに含まれる血液凝固因子、抗リン脂質抗体などの数値の異常やTh1/Th2、NK細胞活性などの免疫系のアンバランスや慢性子宮内膜炎です。
特に一子目を比較的スムーズに授かった方の場合、着床不全や不育についてドクターがあまり気にかけず、未検査であることもしばしばあるようにお見受けします。しかし私達の体は生身で常に変化しています。出産後、知らぬ間に慢性子宮内膜炎になっていたり、免疫系のバランスに異変が出るかたは少なからずいらっしゃいます。
早めの段階でドクターに相談・検査なさるのはご自分の身体の状態を知り、ひいては不安材料を取り除き、不妊治療のプロセスを短くする良い手段だといえます。

また二子目だけでなく一子目不妊の方々にもいえるのが、大変華奢で体力がなかったり、ストレスの影響が健康面に出やすい方が多いこと。将来的に上記1の体力を消耗して回復できないパターンにつながる可能性があるので今のうちにしっかりとケアをしたいですね。

鍼灸治療や漢方は、気血を補い巡らせることで体力の底上げをはかり、自律神経のバランスを整え、美しく健やかで授かりやすい身体へと導きます。
もちろん基本は、正しい生活習慣:健康的な食事・睡眠・運動・ストレスマネジメント。これらを上手に行いながら、身体の外から鍼、中から漢方、サプリメントと両面からのアプローチで、妊活のプロセスをスムーズにして元気な赤ちゃんを迎えませんか?

鍼灸師 鈴木 麻希子

よろしければ過去の記事も参考にしてください。
2人目不妊って1人目不妊と違うの?
Q49 高プロラクチン…治療の必要はないと言われました
妊活とストレスホルモンについて(2)
妊娠前から不育症(流産)を意識する

授からずに悩んでいませんか?

院長が患者様に伝授してきた妊活のゴールデンルールを「サプリ、お灸、ワークブック」にまとめ、セットにしてお届けします。
今なら2,000円OFFキャンペーン中。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ブログランキング


アキュラブログでは、「妊活・不妊鍼灸治療」カテゴリーにて以下のブログランキングに参加しております。
記事の内容がお役にたてた場合は、以下のバナーをクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

健康と医療(不妊)ランキング
健康と医療(不妊)ランキング

妊活ランキング
妊活ランキング
PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ