ENGLISH
 お問い合わせ    

無料メール配信サービス(1か月分のブログをまとめてお届け)

当院では毎週、妊活や妊娠中に役立つ内容をブログで配信しております。
毎月10日に、前月に更新したブログのタイトルとその見出しを、まとめてお知らせするメルマガ配信サービスを配信しております。ブログを毎回チェックするのが面倒、まとめて読みたいなど読者からの声を反映し、皆様のお役に立てればと思ってます。また、当ブログで最も読まれた過去の記事を月間アクセスランキングとして発表しております。メルマガ配信サービスをご利用になるには、下のボタンをクリックしてご登録ください。

\メルマガの解約はいつでも簡単にできます/
無料メルマガにいますぐ登録

Q24 35歳です。AMH 0.1 以下といわれてショックです。妊娠できますか?

AMHという値は意外と誤解されてしまいがちですが、その数値は卵子の質を表す数値ではありません。AMHが低いということは卵子の残り数が少ないことを意味しています。そのため、AMHが高い方と比べると時間がかかり妊娠しにくいということは確かにあります。

しかし、35歳前後であれば、少し時間がかかってしまうかもしれませんが、妊娠出産に至る可能性は十分にあり、当院の患者さんも普通に出産しているかたがいます。

論文で発表されているデータからも、35歳前後の年齢であれば、十分妊娠する可能性があると報告されています。

焦る気持ちは分わかりますが、そういう時ほど冷静に、ストレスを少しでも減らし、健康的な生活を心掛けるべきだと思います。

当院では鍼灸治療に加え、生活習慣の改善や自分でできるお灸をお勧めしています。

また、当院では信頼できる生殖医療専門機関と連携し、ニーズにあったクリニックをご紹介させていただきます。AMHが低い場合は、個々の体質に合わせて、臨機応変に対応してくださるドクターがベストです。

その理由としては、AMHが低い場合、毎周期で育ち始める卵胞(AF)の数にばらつきがでやすいからです。D3でAFの数が少し多くみられるようであれば、少し刺激を加えてみてもよいかもしれません。

AFがあまり見られないようであれば、刺激を少なめに、無理せず一つでも良い卵子を取るなど、刺激を調整できると素晴らしですね。

また、培養期間も何が何でも胚盤胞よりは臨機応変に初期胚移植も考えてくれるところも良いかもしれません。

よろしければ、こちらの記事も参考にしてください。
誰も教えてくれない妊娠・出産に大切なこと
不妊鍼灸師が教える40歳からの妊活

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ブログランキング


アキュラブログでは、「妊活・不妊鍼灸治療」カテゴリーにて以下のブログランキングに参加しております。
記事の内容がお役にたてた場合は、以下のバナーをクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

健康と医療(不妊)ランキング
健康と医療(不妊)ランキング

妊活ランキング
妊活ランキング
PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ