妊娠したければ排卵前に解熱鎮痛剤は飲まないで!

解熱鎮痛剤のことをNSAIDsと言います。
痛みはガマンしないで、鎮痛剤を飲んでくださいという指導が一般的のようです。
しかし、排卵期(直前)に限っては、なるべく飲まないようにして欲しいと思います。それは、排卵の指令が出ても、卵胞が破れないで残ってしまう可能性があるからです。
排卵せず、卵胞がそのまま残ってしまう状態をLUF(黄体化非破裂卵胞)と言います。

実は、この仕組み、体外受精の採卵前に排卵しないようにするために鎮痛剤を使う方法でもあります。
新宿にある加藤レディースクリニックに通院する多くの患者さんはこの方法を経て、採卵されるかたが多くいらっしゃいます。
採卵前にスプレキュアなどアゴニスト製剤を使い排卵を促しておいて、排卵抑制のためボルタレン(座薬)を使います。

NSAIDsとはなにか?

NSAIDsは痛み物質であるプロスタグランジンの合成酵素であるシクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害する薬剤で、プロスタグランジンの合成を抑制します。
プロスタグランジンは排卵の際に、卵胞が破裂するステップに関与しているため、NSAIDsは結果的に排卵を抑制する作用があると言えます。

ラットの実験でもプロスタグランジンの合成を抑制すると、排卵も抑制されることがわかっています。

妊娠を目指す女性は、排卵期(直前)のNSAIDsを使用すべきではないと言えます。

参考文献:
Nonsteroidal anti-inflammatory drugs and reversible female infertility: is there a link?
Drug Saf 2002; 25: 545
Cumulative conception and live birth rates in natural (unstimulated) IVF cycles
Hum Reprod 2001; 16: 259

院長 徐 大兼

よろしければ過去の記事も参考にしてください。
黄体機能不全と不妊

授からずに悩んでいませんか?

院長が患者様に伝授してきた妊活のゴールデンルールを「サプリ、お灸、ワークブック」にまとめ、セットにしてお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

記事がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次