ENGLISH
 お問い合わせ    

無料メール配信サービス(1か月分のブログをまとめてお届け)

当院では毎週、妊活や妊娠中に役立つ内容をブログで配信しております。
毎月10日に、前月に更新したブログのタイトルとその見出しを、まとめてお知らせするメルマガ配信サービスを配信しております。ブログを毎回チェックするのが面倒、まとめて読みたいなど読者からの声を反映し、皆様のお役に立てればと思ってます。また、当ブログで最も読まれた過去の記事を月間アクセスランキングとして発表しております。メルマガ配信サービスをご利用になるには、下のボタンをクリックしてご登録ください。

\メルマガの解約はいつでも簡単にできます/
無料メルマガにいますぐ登録

Q8 移植後の過ごし方について教えて下さい

質問:

移植後の過ごし方について教えてください。安静といっても、ずっと横になっていたほうが良いのでしょうか?良い過ごし方がれば教えて下さい。

回答:

移植後から妊娠判定までの過ごし方は医師によって指導内容が様々です。

「安静に過ごして下さい」というクリニックもあれば「なるべく普通通りの生活を送ってください」というクリニックもあります。

私は移植後患者様にはできるかぎりストレスがかからない生活習慣、すなわち移植後の精神的負担を軽減する生活が大切であるとお伝えしています。

私が研修にいったBoston IVF Mind/Body Centerでは不妊の原因の半分はストレスであると言ってます。そしてストレス解放プログラムに参加した人の34%が6か月以内に妊娠した、という報告をだしています(1)。

不妊治療をやめたとたんに妊娠する人の話を聞いたことがあるかもしれません。それは子供ができないストレスから解放されたからだと思います。妊娠できないことはそれぐらいストレスのかかることなのです。

Boston IVF では妊娠を阻害する因子をリストアップし、患者さんに下記の事を推奨していました。

1)カフェインは取らないようにする。緑茶にもカフェインが含まれるので注意する。
2)運動は適度に。心拍数は110を超えないよう、緩やかな運動をする。
3)ゆるやかな運動・ヨガはストレス発散になる。
4)お酒は少々であれば、問題ない。
5)タバコは絶対にだめ。またパートナーが吸う場合は副流煙に注意する。

当院では上記に加えて下記事項を患者様へお伝えしております。

1)インターネットで移植後の事やうまくいかなかったことなどを検索しない。

その理由として、ブログや書き込みの多くは不妊治療で思うような結果がでなかった人のはけ口となっていることが多いからです。したがって、成功体験より辛い・苦しい・誰にも打ち明けられない、若しくは打ち明けにくい内容が書き綴っていることが多いかと思います。調べれば調べるほど、不安な気持ちになります。読んでいいのは学会やクリニックで発表している客観的なデータのみにすること。

2)移植後は基礎体温は見てもあまり意味がないので、見ない。

日々の基礎体温の変化に気を配り過ぎる人がいます。睡眠時間が短いとその分体温も下がります。なので、移植後は判定まで待つのみ。体温が上がらないなどの不安があるかと思いますが、日々の体温の変化を気にして一喜一憂していてはストレスがたまるばかり。思い切って基礎体温を見ないことをお勧めします。

3)心配するあまり、いつもやらないことを突然はじめない。

ある患者さんがネットの情報をみて、”これがいい!”と知ると、突然それを沢山摂取したり、やり過ぎて体調を崩したりする人がいます。移植後はとても精神的につらい時期ではあります。何かにすがりたい気持ちはわかるのですが、その健康食品やこれから突然始めようとしていることは果たして本当に良いかどうか、しっかりと判断して始めることが大切だと思います。

4)お腹を温め過ぎない

良くホカロンを直接下腹部に付けている人がいます。中には四六時中つけているので付けているところの皮膚の色が熱で黒くなってしまっている人もいます。ホカロンを使うのであれば服の上から。移植後はできれば前はやめて腰を温めるようにしてください。また、真夏の毛糸のパンツは不快そのものになっているかも知れません。夏は毛糸ではなく薄手のコットンやシルクの腹巻、ソックスの2重履きで十分ではないのではと思います。あとは冷房で冷えないよう二の腕や肩の露出に注意する。

5)なるべく普段通りの生活を送る

極端な例ではクリニックより絶対安静の指導を受けている患者様を何人も診てますが、絶対安静はものすごいストレスになるのではないでしょうか?絶対安静の状態を東洋医学的に解釈すると「停滞」です。健康な人がずっと横になっているほど不自然なことはありませんし、精神的にかなり追い詰められるのではないでしょうか。移植後の結果はどうなのか、四六時中頭から離れないのではないのでしょうか?

やはり、普段通りの生活を送ることにより、気を紛らわし、移植後の心配をしない時間を多くすることが大切です。できれば、「普段通りの生活」が「移植後のカラダにとって優しい生活」であって欲しいです。

最後に

移植後から判定が不妊治療でもっともストレスがかかるといわれています。胚移植後に笑う事で妊娠率が有意に上昇したという論文報告もあります(2)。できるだけストレスを少なくして,笑って朗らか状態で不妊治療に臨む事が妊娠のためには望ましいとのではないでのしょうか?移植後を最善の状態で過ごすためにも不妊治療を始める前から日々の生活習慣・食生活を改善し、いつもの生活が健康そのものであるようできたらいいなと思います。

よろしければ下記ブログも参考にしてください。
頑張りすぎない不妊治療
妊活シャンク

参考文献

(1)The mind/body program for infertility: a new behavioral treatment approach for women with infertility.Domar AD, Seibel MM, Benson H.New England Deaconess Hospital, Harvard Medical School, Boston, Massachusetts.Fertility and Sterility 1990, 53(2):246-249

(2)The effect of medical clowning on pregnancy rates after in vitro fertilization and embryo transfer.Friedler S, Glasser S, Azani L, Freedman LS, Raziel A, Strassburger D, Ron-El R, Lerner-Geva L.Fertil Steril. 2011 May;95(6):2127-30

院長 徐 大兼

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ブログランキング


アキュラブログでは、「妊活・不妊鍼灸治療」カテゴリーにて以下のブログランキングに参加しております。
記事の内容がお役にたてた場合は、以下のバナーをクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

健康と医療(不妊)ランキング
健康と医療(不妊)ランキング

妊活ランキング
妊活ランキング
PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ