ENGLISH
 お問い合わせ    

【誰も教えてくれない】17 –「精子はできるだけ溜めておく」は正しくありません

『できるだけ禁欲してからタイミングを合わせるようにしています』

自然妊娠希望の患者様の初診時の問診にタイミングについてお聞きしたところ、できるだけ溜めてから射精したほうが精子の量や質が良いといった認識をされている方た大変多くいらっしゃいます。

実はこれ、WHO(世界保健機構)が定めた精液検査ガイドラインが原因で、検査に際して禁欲期間を2~7日にするという記載をしています。このため、一般には数日の禁欲期間(精子をためる期間)を設けて、精液を提出していただくように指導していることが多いようです。

しかし、現在では様々な論文から禁欲期間を18時間~30時間としたときが、精子のDNA損傷や奇形率が最も低いとしています。精子は溜めない。できれば2日に1回は射精する方がが精液の質を保つためには良いとされています。

ですから、タイミングを合わせるのも、2日に1回ぐらいの方が、精子の質も良いということになります。精子をあまり溜めすぎると奇形率も増え、質の低下を招きます。

タイミングの回数が少ないカップルはこの点を少し意識して、タイミングをとっていただければと思います。

アキュラ鍼灸院 院長 徐 大兼

参考文献
Andrology 2013, 2:1

~出来るカラダづくりを応援する!~

アキュラ鍼灸院の妊活応援グッズ - 書籍、サプリメント、などのサービス一覧。

妊活特化型専用サプリメントとお灸

医師・薬剤師・管理栄養士共同開発 独自ブランドのサプリメントとお灸の販売サイト
プレママプラス ~出来るカラダづくり

院長著書一覧

東洋医学の考え方で妊娠できるカラダになれる!
『カラダを温めれば不妊は治る!』

不妊治療で通院する前に読みたい妊娠しやすいカラダづくり
『東洋医学で妊娠しやすいカラダづくり』

不妊鍼灸専門 鍼灸院について

アキュラ不妊治療院が選ばれる7つの理由

提携クリニック内 鍼灸治療のご案内

京野アートクリニック高輪

WEBメディア

All About 不妊鍼灸・東洋医学ガイド

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ