妊娠を考えた時、摂るべき鉄分の種類は何か

「鉄分」は、巷で比較的よく耳にする言葉です。その会話の回数と同じくらい、もしくはそれ以上の量の「鉄分サプリメント」「鉄分ドリンク」「鉄分入りお菓子」などの商品が目につきます。
「鉄分を摂ろう!」と思い商品を選ぶ際、皆さんは何を基準にされていますか?

目次

日本人の鉄分摂取状況

食事摂取基準は国民健康・栄養調査の直近の結果がベースとなります。調査対象になられた際は是非ご協力ください。

厚生労働省による2015年度の日本人の食事摂取基準では、30歳~49歳まで鉄分の推奨量を女性(月経あり)10.5㎎/日、男性7.5㎎/日と示されています。この値は、平成25年度に開始した「健康日本21(第二次)」において健康の保持・増進を踏まえた上での、生活習慣病の発症予防と重症化予防の徹底を図ることを目的とした内容になっています。
平成26年国民健康・栄養調査の結果では、鉄分の摂取量が 男性30~39歳で7.2㎎/日、40~49歳で7.5㎎/日。女性30~39歳で6.3㎎/日、40~49歳で6.5㎎/日であり、女性では推奨量の約半分程度しか摂取できていないことが現状です。

カラダに負担なく取り入れたい鉄分

牡蠣は亜鉛や葉酸も豊富です。

「妊活時の栄養は食事から摂りたい」皆さんがそう思われています。しかし、食生活を充実させるにはどうしてもそれなりの時間と労力を要してしまうのが現状です。そこで栄養補助食品(サプリメント)に注目が集まります。食事で摂れないものを「代わり」に摂るのですからその原材料は食品であることが望ましいと考えます。

ヘム鉄は、お肉やお魚に多く含まれます。体内への吸収スピードが速いと言われています。非ヘム鉄は植物性由来のものになります。ほか、卵や乳製品もこちらになります。体内への吸収スピードはヘム鉄に劣ります。「ヘム鉄」「非ヘム鉄」の表示を参考に選ばれるのも良いかもしれません。

しかし、ここで注目していただきたいのは「ビタミンC」と「タンパク質」。これらの栄養素は体内への鉄の吸収を促進してくれる働きがあります。ですから「非ヘム鉄だからだめかな。。」という視線ではなく、「非ヘム鉄だけど、他の栄養素はどうかな」という角度でみて見てください。

月経周期に合わせ、女性のカラダは日々変化していきます。調査結果からお分かりのように慢性的に不足している鉄分は、妊活中は葉酸に肩を並べるようにしっかりと意識して摂りたい栄養素です。ママになった時にスタミナに違いが出ます。

自然にはぐくまれた鉄分

エッセンシャル・フォーミュラには、鉄の吸収がしっかり行われるようビタミンCの質にもこだわっています。

プレママプラスでは鉄分を、「妊活時に必要な栄養素」としてご紹介しておりますが、妊活は「健康的なカラダづくり」そのものですので、そこに含まれる各種栄養素は「健康維持・促進」のためにも十分に有効です。

ですから、食生活が乱れている、冷える、疲れやすい等の症状をお持ちの方にもプレママプラスエッセンシャル・フォーミュラをご利用いただいております。

プレママプラスエッセンシャル・フォーミュラに含まれる「鉄」は、褐鉄鉱や湖沼鉄とも呼ばれる「リモナイト鉄」を採用しております。リモナイトは、阿蘇カルデラ内に堆積した鉄分を多く含む黄土をいい、その成分の約7割が鉄成分になります。カルデラからしみ出した水と鉄バクテリアが反応して作り出されています。

今も阿蘇山に生息する動物たちがリモナイトを食べ、体調を調えているというほど動物たちが自然に摂取しているものです。ヒトには「欲」があり行動を制限したりしますが、ヒト以外の動物にそれはありません。本能で欲するほどその栄養価は高いものであり、自然が生み出した鉄分ですので、安心。カラダへの負担はありません。

今後、加工食品の原料原産地の表示が義務化されます。妊活中の食品選びは、子どもへの最初の愛情です。

プレママプラス「エッセンシャル・フォーミュラ」
https://www.premamaplus.com/multivitamin/

授からずに悩んでいませんか?

院長が患者様に伝授してきた妊活のゴールデンルールを「サプリ、お灸、ワークブック」にまとめ、セットにしてお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

記事がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次