甲状腺機能と不妊のかかわり: 甲状腺機能低下症

妊活応援ブログ

当院で不妊鍼灸治療でお越しになる方の多くが甲状腺機能低下症でチラージンという薬を服用しつつ、
妊活を継続しています。

甲状腺、といえば機能亢進症(バセドウ氏病)、機能低下症(橋本病など)が有名で、圧倒的に女性に多い疾患。 しかし男性患者様のなかにも甲状腺疾患を持つ方は少なくありません。

実は甲状腺疾患と不妊には深いかかわりがあること、ご存知でしょうか?

甲状腺は喉のあたりに位置。15gという小さなサイズとは裏腹にたくさんの血管が集まり毎分100mlもの血液を受け取ります。それだけ大切な働きを担っているということですね。

ここから分泌されるのが甲状腺ホルモン。

体中ほとんどの組織に作用して代謝を亢進させます。

甲状腺ホルモンは下垂体からのTSH(甲状腺刺激ホルモン)により合成・分泌が促進されますが、TSHはその上層にある間脳視床下部からのTRH(甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン)のコントロールを受けます。

クリニックでの検査結果にTSH, fT4, fT3の記載がありませんか?

TSHが甲状腺刺激ホルモン、fT3, fT4が甲状腺ホルモンの状態を表します。

ではなぜ甲状腺機能と不妊にかかわりがあるのでしょう?

甲状腺機能低下症の場合、甲状腺ホルモンの分泌量が低下します。

するとフィードバック機構により、上述のTSHおよびTRHが上昇。

不思議なことにTRHはPRL(プロラクチン)の分泌もコントロール。

プロラクチンとは乳汁を産生させるホルモンですが、同時に性腺刺激ホルモンを低下させ、結果E2、プロゲステロンも低下。妊娠しづらい体となります。

これは本来、授乳中の母体・胎児の成長・赤ちゃんの成長を守るための自然の仕組みですが、それが適切でないときに起こっている状態、ということになります。

TSHの基準値は0.5~5.0μIU/mL。(検査機関により若干異なります)ですが、妊活をされている方については、2.5μIU/mL 以下を基本数値としてます。

このTSHの数値が高いと甲状腺機能が低下しているということになり、チラージンというお薬を服用してコントロールします。

気をつけたいのはTSHが上記の基準値におさまっている場合、不妊治療(妊活をしていること)の事を伝えないと、クリニックによっては基準範囲内だからと見過ごされることがあります。

妊娠を希望する際にはTSH<2.5を厳格に守る必要があるので、妊活を考えるかたは予備知識として持っていたいですね。(米国甲状腺学会のガイドラインによる)

目次

鍼灸と甲状腺機能低下について

甲状腺機能が低下し、TSHの値が2.5 を超える方に共通していることとして、妊活を始めるまえの生活習慣が(社会人としての仕事が)ハードだった方が多いです。仕事が非常に多忙のため、残業も多く、睡眠時間もだいぶそのため削られていたかたは少なくありません。また、競争社会の中で、常に強いストレス下で仕事を継続しなければなりませんので、交感神経が常に興奮している状況が長らく続いてしまったことでしょう。

卵巣への血流は交感神経が支配している

卵巣の血流のコントロールについては実はほとんど交感神経がコントロールしており、甲状腺機能が低下し、TSHの値が上昇されている方が妊娠しにくい原因にはこの卵巣の血流が障害となっています。

甲状腺機能が低下している方にはまず、鍼灸治療中はできるだけリラックスして(交感神経を抑制し)おくつろぎいただけるよう心掛けております。また、手足が非常に冷たい方も多いので、赤外線やホットストーンを使って、温めさせていただきます。また、当院では、直線偏光近赤外線治療器(レーザー治療器)のスーパーライザーを導入し、交感神経の抑制効果を高めています。

授からずに悩んでいませんか?

院長が患者様に伝授してきた妊活のゴールデンルールを「サプリ、お灸、ワークブック」にまとめ、セットにしてお届けします。

\愛用者急増中のオリジナルセットです/

こころもからだも温める… アキュラ鍼灸院

不妊鍼灸、男性不妊鍼灸、逆子鍼灸 / 不妊漢方
一般鍼灸(肩こり、腰痛、耳鳴り、アトピー等)
最寄り駅(渋谷駅・表参道駅)

診療時間(火曜日休診)
10:00~21:00(月)
9:30~21:00(水〜金)
9:30~18:00(土・日・祝)

妊活応援ブログ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

記事がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次