ENGLISH
 お問い合わせ    

無料メール配信サービス(1か月分のブログをまとめてお届け)

当院では毎週、妊活や妊娠中に役立つ内容をブログで配信しております。
毎月10日に、前月に更新したブログのタイトルとその見出しを、まとめてお知らせするメルマガ配信サービスを配信しております。ブログを毎回チェックするのが面倒、まとめて読みたいなど読者からの声を反映し、皆様のお役に立てればと思ってます。また、当ブログで最も読まれた過去の記事を月間アクセスランキングとして発表しております。メルマガ配信サービスをご利用になるには、下のボタンをクリックしてご登録ください。

\メルマガの解約はいつでも簡単にできます/
無料メルマガにいますぐ登録

鍼灸は移植前日や翌日でも大丈夫ですか。

質問

「来週、凍結胚移植の予定です。
今は週に一度、鍼灸に通っています。
移植当日は治療院がお休みで、前日か翌日の予約となってしまいました。

当日でなくても効果はありますか?」

 

答え

 

ゆん様こんにちは。

当日でなくても効果はありますか?という質問ですが、ゆん様は何分割の胚を移植予定でしょうか?

胚盤胞はすぐ着床できる状態になっていますので、当院では移植直後の治療をおすすめしております。

なぜなら24時間以内に着床するといわれているからです。

ですが、移植時の胚の分割状態によっては移植翌日でも有効に働く事もあります。

例えば4分割や8分割で凍結してある卵を移植する場合です。その場合、融解して胚盤胞になるまで時間的猶予があります。

 

移植当日の鍼灸治療の目的は胚盤胞が着床する際の手助けをするものです。
子宮内膜の血流を良くし、副交感神経を優位にしてあげる事でお手伝いしていきます。

当院ではお身体を整える期間は週1回で治療させていただき、移植前後のスポット治療を行っています。

 

受精卵は分割を繰り返し胚盤胞まで育ち、着床する直前に透明帯が破れて孵化(子宮内膜に接合、浸潤)し着床が成立ちます。
胚盤胞の時期は卵の中で栄養を補っていますが、透明帯が破れた後は子宮内膜から栄養を吸収します。

その切り替えの時が卵にとって敏感な時期ですのでそこの移植後24時間で鍼灸治療をして手助けをしています。
ドイツでは体外受精の移植前後に鍼灸治療を行うと着床率が上がるというデータが発表されています。

 

また、移植後はお体が緊張状態にある方が多いので治療でお体をリラックスした状態にさせて頂いています。
特に体外受精はお身体や精神的に負荷をかけて行うことになってしまうので緊張した状態になりやすいのです。

交感神経が豊かな状態ですとお体も卵を受け入れる状態になれないのでリラックスした状態のお体の方が着床しやすいのです。

参考にして頂ければ幸いです。

鍼灸師 小澤

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ブログランキング


アキュラブログでは、「妊活・不妊鍼灸治療」カテゴリーにて以下のブログランキングに参加しております。
記事の内容がお役にたてた場合は、以下のバナーをクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

健康と医療(不妊)ランキング
健康と医療(不妊)ランキング

妊活ランキング
妊活ランキング
PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ