ENGLISH
 お問い合わせ    

不妊治療 病院探しのファーストステップ

不妊治療のために病院に行きたいけれどどういった病院に行ったらよいかわからない。
そういった質問がよくあります。

治療が受けられる病院は
”総合病院・大学病院”
”産婦人科(個人病院)”
”不妊治療専門クリニック”

の3つに分けられると思いますが、それぞれメリットとデメリットがありますビックリマーク

まずは大学病院や総合病院は婦人科以外にも産科や小児科があり、出産以降の赤ちゃんのケアまで診てもらえたり、妊娠に関わる内科的な治療が必用な場合や個人病院では難しい外科的な手術が必要な場合にそのまま同じ病院で治療を受けれられます。また各都道府県に必ずあります。
ただ、待ち時間が長いことが多く、毎回担当医が変わったり、研修医が立ち会うことなどがあります。

次に個人の産婦人科は自宅の近くや職場の近くで比較的見つけやすく、毎回同じ医師が見てくれて出産までそのまま通う事が出来ますが
高度生殖医療などの治療が必要になった場合は他の病院に転院が必要であったり、妊婦さんが多く通っているので待合室は妊婦さんが多い可能性が高いです。

最後に不妊治療専門クリニックですが、体外受精などの専門的な治療が受けられることと、基本的に不妊治療の患者のみ受け入れていて、不妊カウンセラーなどの専門家もいる事もあります。
デメリットとしては人気のクリニックは待ち時間が非常に長く、自由診療が多いため料金も高くなりがちですし、地域によってはとても数が少ないことと、出産のときには転院が必要です。

以上それぞれの病院のタイプの紹介でしたが
妊娠のために病院に行ってみようかな、というときにはじめは近所や職場の近くの産婦人科に通って相談をして、そこで結果がでなかったら
不妊治療専門のクリニックに通う方が多いように思います。また料金など出来るだけ安く、という方は総合病院などを選んでいる傾向があります。

妊娠したいけれどどうしてよいかわからない、
病院に行った方が良いのか、
いつ行ったら良いのか、
どういうところに行ったら良いのか。

人それぞれ年齢やとりまく状況、住んでいる場所も違うので、その方に合った選択をすることがとても重要です!!

そういった悩みがあるかた、是非一度相談に来てくださいね。

鍼灸師 石橋

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ