ENGLISH
 お問い合わせ    

無料メール配信サービス(1か月分のブログをまとめてお届け)

当院では毎週、妊活や妊娠中に役立つ内容をブログで配信しております。
毎月10日に、前月に更新したブログのタイトルとその見出しを、まとめてお知らせするメルマガ配信サービスを配信しております。ブログを毎回チェックするのが面倒、まとめて読みたいなど読者からの声を反映し、皆様のお役に立てればと思ってます。また、当ブログで最も読まれた過去の記事を月間アクセスランキングとして発表しております。メルマガ配信サービスをご利用になるには、下のボタンをクリックしてご登録ください。

\メルマガの解約はいつでも簡単にできます/
無料メルマガにいますぐ登録

自己の卵を使って50歳で出産


本論文は自己卵を使用し、50歳で出産された方の症例報告です。
http://www.fertstert.org/article/S0015-0282(14)02352-8/fulltext

要約: 採卵時の年齢50歳、未経産の女性。結婚5年目。特記すべき既往は高血圧と糖尿病。糖尿と血圧については4年前より服薬開始、コントロールできている。規則正しい生理あり。1回目のIVFは不成功。2回目のIVF D3の数値は FSH 9.18 IU/L, LH 6.01 IU/L, antimüllerian hormone (AMH) 1.74ng/mL, antral follicle count(前胞状卵胞数) 5個. 精子所見正常。新鮮胚を3つ移植し、妊娠。妊娠時のプロトコールは下記の通り。

*ダウンレギュレーション アゴニスト(リュープリン)
*刺激リコンビナントFSH(ゴーナルF), hMG(Menopur) 14日間投与。

採卵前のE2は860 pg/mL. 内膜の厚さは 8.2 mm. 3つ採卵。 Day 3 にて grade I 2つと grade II 1つ。 採卵から3日目に3つすべてを新鮮胚移植をした結果、妊娠。妊娠高血圧腎症のため、35週にて緊急帝王切開にて2,300g の健康な男の子を出産。

解説: IVFにより自己卵による妊娠率は35歳で40.2%,、37歳で36%、40歳で22.7%、42歳で13%、44歳で4.4%、 47歳で3.4% 、48歳で1.7% です。また、流産率は42歳を超えると36.6%以上の確率で起こるとされています。

上記は2014年の日本国内の体外受精による妊娠率、生産率、流産率等をまとめたものです。日本産婦人科学会が公表しているデータです。(体外受精に限っての事で自然妊娠は含みません)

45歳を過ぎると妊娠率が下がり、流産率は上昇します。47歳では、約8割の方が流産されます。このようなことから、非常に注目を浴びる症例報告です。この患者さんは、実は卵子提供を何度も進められているのですが、どうしても自己卵での採卵を試して見たかったそうです。

通常であれば、難しい症例ですが、無事母子とも健康で出産を迎えられたことは、同年代の方への希望となるのではないでしょうか。 

アキュラ鍼灸院 院長 徐 大兼

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ブログランキング


アキュラブログでは、「妊活・不妊鍼灸治療」カテゴリーにて以下のブログランキングに参加しております。
記事の内容がお役にたてた場合は、以下のバナーをクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

健康と医療(不妊)ランキング
健康と医療(不妊)ランキング

妊活ランキング
妊活ランキング
PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ