不妊鍼灸・美容鍼灸・スポーツ鍼灸東京 渋谷/青山/表参道「アキュラ鍼灸院」
鍼灸適応疾患

腰痛と鍼灸治療

ひと言に「腰痛」といっても、その症状を引き起こす原因はさまざまです。また腰痛疾患を起因として他の症状を発現させることも珍しくありません。整形外科にかかる20%以上の方々が何らかの腰痛を訴えて来院されるといわれています。そして、はっきりした原因疾患が見当たらないために、患者さんに病態を十分に説明できないものを整形外科領域では「腰痛症」と呼んでいます。鍼灸臨床では、数多くある適応疾患の中でも、とりわけ「腰痛」は「肩こり」と並んで主要な疾患となっています。人間が二本足で立ったときから始まったとさえ言われる「腰痛」。では腰痛にはどういったものがあるのでしょうか。

腰痛の種類

1. 背骨やその周辺が関係して起こる痛み

急性、慢性のどちらの腰痛も、主に腰椎や仙骨周辺部に原因があることが多いです。 各背骨の椎間関節・関節靭帯・椎間板、脊柱起立筋などの筋肉・筋膜、脊髄から出る末梢神経(神経根)などで、 それら組織の疲労や老化が生活の中での姿勢や動作によって腰痛を引き起こすといわれています。
腰痛を起こす疾患:腰椎椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、脊椎分離症、脊椎すべり症、腰部脊柱管狭窄症 、外傷性腰痛(捻挫・打 撲・骨折など)、骨粗鬆症など

2. その他の原因が関係して起こる痛み(関連通)

腰痛を起こす疾患:腎臓結石・尿管結石など尿路系疾患、骨盤内臓器(子宮・卵巣、直腸)の炎症や腫瘍、先天的股関節脱臼や股関節周囲の外傷、精神的な要因など

はり・きゅうの腰痛治療

鍼灸治療では主に、腰、背中はもちろん、お腹周りや腕、手、足の各所にあるツボ(経穴)を各種の腰痛の状態によって使い分けて、選択、施術していきます。腰が痛いのだから腰だけに治療すればよいのでは?と思われるかもしれませんが、いわゆる「局所治療」という方法よりも、骨格.筋肉.血流を考慮した全体的な治療のほうが遥かに治癒のスピードが早く、効率的です。鍼灸治療の効果をより長持ちさせるためにも、また腰痛の再発を予防するためにも、当院では、まず腰痛になった要因を確実に把握し、局所的でない、全体的な治療を患者様に提供しております。

鍼灸が腰痛に効くのはなぜ?

多くの腰痛の背景には、血流量の不足、もしくは過剰の状態があります。鍼灸治療をおこなうと、血流量の改善が起こります。血流が改善するということは、コリ固まっていた筋肉に血液が巡り、各関節にも潤滑液が満たされ、全身が柔らかくなることを示しています。急性の激しい腰痛では、炎症部に滞ったブラジキニン等の痛み物質や活性酸素を解消し、アイシングや安静だけよりもはるかに早く痛みを和らげることが出来ます。慢性の腰痛では、蓄積していた乳酸などの疲労物質が取り除かれるので、疲労感が減り、しつこい痛みやだるさが解消されやすいのです。 急性の痛みが治まった後は、休息、適度な有酸素運動(=ウォーキングや水泳など)、ビタミンB群やビタミンCなどの栄養素の補給など必要に応じて行うことを勧めます。 

腰痛の現代医学的治療法

安静(保存療法) まず安静にし、腰にかかる負担を減らすことによって早期の回復が期待されます。
装具療法(コルセット) 局所の安静を保つために腰椎装具(コルセット)を着用します。 装具には長さや硬さなどいくつかの種類がありますが、しかし、 何ヶ月にもわたる長期間の着用は、逆に腰の周囲の筋肉に萎縮を 引き起こすため避ける必要があると言われています。
薬物療法 非ステロイド系抗炎症薬(鎮痛作用)を、痛みより緊張した筋肉のために 筋弛緩薬を使用します。また、シップ剤なども適宜用いられます。
神経ブロック療法 トリガーポイント(発痛点)に局所麻酔薬や抗炎症薬を用い、 一時的に神経の働きをブロックします。 交感神経系の異常な興奮が抑えられ、 ブラジキニンなどの体内発痛物質(痛みを誘発する物質)が抑制され、 痛みが緩和されると考えられています。
外科的手術 ○椎弓切除術・・・脊柱管狭窄症  ○ヘルニア摘出術・・・椎間板ヘルニア  ○腰椎固定術・・・腰椎分離症・すべり症 が行われる場合が多いですが、ここ数年ヘルニア手術では、より身体へのダメージの少ない内視鏡の鏡視下脊椎手術が行われることもあります。
※椎間板ヘルニアまたは脊柱管狭窄症において、重篤な便秘、便失禁、排尿困難、尿失禁などの症状(直腸・膀胱障害)がある場合には、整形外科の診察を先にお勧めすることがあります。


* * *

鍼灸適応疾患一覧
神経系
運動器系
消化器系
  • 胃炎
  • 逆流性食道炎
  • 胃下垂症
  • 胃酸過多症
  • 胃痙攣
  • 十二指腸潰瘍
  • 食欲不振&口内炎
  • 消化不良
  • 慢性肝炎
  • 胆石症
  • 慢性腸炎
  • 便秘
  • 下痢
  • 痔疾など
循環器系
内分泌系
呼吸器系
泌尿器系
  • 前立腺肥大
  • 慢性腎炎
  • 膀胱炎
  • ネフローゼ
  • 頻尿多尿
  • 尿道炎など
感覚器系
婦人科系
小児科系
  • 小児喘息
  • 夜尿症
  • 夜泣き
  • かんの虫
  • 消化不良
  • 虚弱など
その他


*  *  *


▼その他の「一般鍼灸」コンテンツもご覧下さい






  • 患者様の声
    ▲当院でめでたく出産された先輩ママからの応援メッセージ
  • ▲スタッフ募集中!アキュラと共に成長して鍼灸業界をリードしませんか?
  • ▲アキュラ鍼灸院は、専門学校と提携した鍼灸師育成に積極的に力を入れています。
  • ▲当アキュラ鍼灸院院長の徐大兼氏がお灸のツボについて動画で詳しく解説しています。
  • NEW【送料無料で1週間お試しセット登場!】妊娠前から出産後までの妊活専用の安全・高品質のサプリとお灸。当アキュラ鍼灸院院長の徐大兼氏を中心に、生殖医療チーム(医師・薬剤師・管理栄養士・不妊専門鍼灸師)と共同で開発しました。
  • ▲「不妊鍼灸を、正しい形で普及啓発すること」を目的に設立。当アキュラ鍼灸院院長の徐大兼氏が事務局長を務めています。