ENGLISH
 03-5469-0810

椎間板ヘルニアと鍼灸治療

椎骨と椎骨の間で、体にかかる衝撃を吸収するクッションの役割をするのが椎間です。
「ヘルニア」は、臓器の一部が本来収まっているべき位置から飛び出した状態を指します。ちなみに、腸の一部が元の位置から飛び出た「脱腸」のことは医学上「鼠径(そけい)ヘルニア」と呼んでいます。

椎間板は概ね2層構造になっていて、内側の「髄核」と呼ばれるゲル状・半液体状の内容物と、それを外側の「線維輪」とよぶ線維で包み込む構造になっています。
20歳代から、椎間板は加齢と疲労の蓄積による血行不良や酸素不足で、徐々に内部の水分が失われてきます。

脱水化現象により本来の弾力性や伸縮性を失いはじめると、上下からの過度の圧迫によって、椎間板がつぶれたまま元に戻らなかったり、線維輪が裂けて中の髄核が出てきたりします。
これらは、長時間の不良姿勢や重いものを持ち上げるなどでの腰椎への過度の負担、スポーツ障害、腰椎の捻挫、クシャミなどで起こります。

このつぶれて飛び出した線維輪や裂けて出た髄核が、すぐ傍にある神経を圧迫して、腰痛やお尻の痛み、足先に放散する痛み(坐骨神経痛様の痛み)、シビレ、足に力が入らなくなった状態が腰椎椎間板ヘルニアです。

椎間板ヘルニアは、生まれてはじめて 腰痛を起こしていきなり初回から発生することは、転落や強度の圧迫などの事故に遭遇しない限り滅多にありません。

通常は、背景に1回以上ぎっくり腰ほか何らかの 腰痛を経験したことがあるはずなのです。
かりに自覚症状がなかったとしても、立ったまま、または座ったままの作業を長期間続けている人は、潜在的に腰椎や筋肉に負担をかけているので、その時点で症状として出ていないだけなのかもしれません。

鍼灸治療はもともと血流の改善、体内疲労物質の除去を非常に得意としている治療法です。いわゆる保存療法(=つまり安静を保つ)で経過を見るよりも数倍の治療効果があります。疲労している筋肉や椎間靭帯の付近に直接、またはそこに関するほかの場所の経穴に施術することによって、背骨を支える筋肉と椎間どうしの緊張が緩み、椎間板にかかる負担を減らします。また、椎間板への血液の栄養もよくなるので、しぼんだ風船が膨らむように、再びみずみずしさを回復することができます。回復後、MRI検査を受けると、逸脱したはずの椎間板部が消退した画像が確認できることがあります。


アキュラ鍼灸院対応可能の疾患一覧

以下の表のリンクのある疾患については、リンク先のページで詳しく解説しております。リンクがない疾患についてももちろん対応しておりますので、お気軽にご相談ください。また、不妊治療関連のページをご用意しておりますので、詳しくは 不妊鍼灸関連 のページをご覧下さい。

神経系頭痛・慢性頭痛
顔面神経麻痺
肋間神経痛
坐骨神経痛
手足のしびれ
パーキンソン病
帯状疱疹後神経痛
運動器系肩こり
寝ちがい
四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)
むち打ち症(交通事故)
頸肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)
腰痛
ぎっくり腰
椎間板ヘルニア
脊椎間狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)
脊椎分離症・脊椎すべり症
変形性膝関症関節炎
消化器系逆流性食道炎
痔(じ)など
循環器系冷え性・冷え症 など
内分泌系甲状腺機能障害
痛風(高尿酸血症)
呼吸器系ぜんそく(気管支喘息)
泌尿器系前立腺肥大
膀胱炎
感覚器系眼精疲労・仮性近視
アトピー性皮膚炎
花粉症
耳鳴り
突発性難聴とメニエール病
めまい など
婦人科系不妊症・不妊治療
生理痛
月経異常
更年期障害
冷え性・冷え症
つわり
逆子鍼灸
その他自律神経失調症
不眠症
プチ不調
アレルギー
慢性疲労
むち打ち症(交通事故等の後遺症)
健康管理(健康維持、疲労回復、成人病の予防等)
スポーツ鍼灸