ENGLISH
 03-5469-0810

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)と鍼灸治療

肩関節周囲炎は、一般的には四十肩とか五十肩と呼ばれるもので、肩周りの上腕二頭筋(力こぶの筋肉)にある腱や、肩甲骨から腕の付け根にかけてくっついている「腱板(ケンバン)」の部分でよく発生します。
肩の関節というのは人体で一番大きい関節可動域を持っています。
その割には、肩関節を固定する靭帯は2つしかなく、その周りを上腕骨の骨頭を包むように筋肉と腱、関節包が支えています。
人体構造上、作りの弱いところにもかかわらず力が集中し、頻繁に使われている部位なので、加齢による筋力の低下や長年にわたる腱の摩擦は、肩関節に変性や炎症を起りやすくします。
特に40歳代を過ぎると、以前は限られた部分の炎症で収まっていたものが、慢性的なものになり、炎症は肩周り全体に広がっていく傾向にあります。
その炎症が原因で次第に腱や靭帯が癒着するようになり、関節包の可動域が狭くなって動かすと痛い、となってきます。
また、時には血中のカルシウムが腱付近に浸出し、石灰化沈着を起こし、腱の伸縮性を失わせた結果、激しい痛みと運動制限を引き起こすこともあります。
このような慢性的な炎症や石灰化沈着という原因を取り除くようにすれば、症状は改善していきます。

五十肩の発生の原因

発症の誘因は、肩の打撲、ゴルフをして腕や肩に強い衝撃を与えた後などにも考えられますが、今のところ実際の原因ははっきり分かっていません。
最初は、高いところにある物を取ろうとした時や手を突いて立ち上がろうとした時、またはちょっとした重いものを持ち上げようとした時に、肩の付け根に「ズキッ」と痛みが走り、発症していることを気付くことが多いようです。
五十肩の発生する左右差は殆どありません。利き腕だから起りやすいと言うこともないようです。
発症しやすい年齢はやはり30代後半から60才代までの男性に割合多いようです。

五十肩の特徴的症状

髪をとかせない(別名:結髪症状)、エプロンの紐を結べない(別名:結帯症状)といった症状がこの病気の初発症状とされていますが、他にも、ズボンの後ポケットまで手が回らない、腕を持ち上げようとすると肩から先に挙がってしまう、というような運動制限も起ります。
また、夜間または明け方にかけて、眠りを妨げる痛みが起ることも特徴です。
夜間痛と呼びます。
特に痛いほうの肩を下にして眠ると、痛みが増悪し、そのせいで起きてしまうという事もあります。
時として、極度に重いものを持ち上げたり、転倒したりして、棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の4つの筋肉から構成される「腱板(ロテーターカフ)」(上図参照)が損傷したり断裂しても同じような運動制限や夜間痛の症状が見られます。
五十肩と大きく違う特徴は、腕を横方向に持ち上げる時、自力のときには痛みと脱力感が出てほとんど挙げられないのに比べて、他者の力で持ち上げると痛みも脱力もなく、正常の範囲まで挙げる事が出来るということです。¥
その場合には腱や靭帯に対する治療を優先しなければなりません。肩をぶつけたりしたあとの急性の痛みとは区別されます。

五十肩の鍼灸治療

急性で激しい痛みの際の鍼灸治療は、炎症を鎮めることと激しい痛みを鎮めること、夜間痛を和らげることを第一の目的にします。
肩周りへの直接の刺鍼は極力避け、発症部位から離れた肩と関わりの強い経絡を使って、炎症等を鎮めます。
急性期では治療後の飲酒、入浴、運動は控えていただくようにお願いしています。
炎症の拡大を防止するのが目的です。 慢性つまり、痛みは殆ど治まっているけれども肩関節の動きが制限されている、または動かすと何となくだるいという状態の場合には、 急性期で使用した経絡に加え、肩及び肩甲骨周りの経絡にも直接治療して、血行循環と筋肉の柔軟性そして可動域の回復を図ります。
また低周波治療を加えると効果が高いこともあります。灸などの温熱療法も非常に効果があります。
慢性期の治療期間中、肩周りの可動域を広げたり、筋肉の拘縮を防止するためにも運動療法も加えて指導しております。


アキュラ鍼灸院対応可能の疾患一覧

以下の表のリンクのある疾患については、リンク先のページで詳しく解説しております。リンクがない疾患についてももちろん対応しておりますので、お気軽にご相談ください。また、不妊治療関連のページをご用意しておりますので、詳しくは 不妊鍼灸関連 のページをご覧下さい。

神経系頭痛・慢性頭痛
顔面神経麻痺
肋間神経痛
坐骨神経痛
手足のしびれ
パーキンソン病
帯状疱疹後神経痛
運動器系肩こり
寝ちがい
四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)
むち打ち症(交通事故)
頸肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)
腰痛
ぎっくり腰
椎間板ヘルニア
脊椎間狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)
脊椎分離症・脊椎すべり症
変形性膝関症関節炎
消化器系逆流性食道炎
痔(じ)など
循環器系冷え性・冷え症 など
内分泌系甲状腺機能障害
痛風(高尿酸血症)
呼吸器系ぜんそく(気管支喘息)
泌尿器系前立腺肥大
膀胱炎
感覚器系眼精疲労・仮性近視
アトピー性皮膚炎
花粉症
耳鳴り
突発性難聴とメニエール病
めまい など
婦人科系不妊症・不妊治療
生理痛
月経異常
更年期障害
冷え性・冷え症
つわり
逆子鍼灸
その他自律神経失調症
不眠症
プチ不調
アレルギー
慢性疲労
むち打ち症(交通事故等の後遺症)
健康管理(健康維持、疲労回復、成人病の予防等)
スポーツ鍼灸