当院について
アトピー性皮膚炎と鍼灸・東洋医学

アトピー性皮膚炎は西洋医学的な治療のみでは限界があり、東洋医学的発想を取り入れることによりアトピーのコントロールが可能となります。

東洋医学的なアプローチを説明するまえに、まずはアトピー性皮膚炎について、詳しく説明します。

アトピーとはアトピー(atopy)の語源はギリシャ語の「atopos」に由来し、「奇妙な・よくわからない〜」という意味があります。

よく分からないながら患者数は増え続け、「アトピー性皮膚炎」は、もはや「アトピー」で通じるようになってしまいました。

日本皮膚学会の定義によると、「アトピー性皮膚炎」は『憎悪・寛解を繰り返す、かゆみのある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ』とされています。

アトピー素因

  1. 気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちいずれか、あるいは複数の疾患を以前、もしくは現在患ったことがある
  2. IgE抗体(免疫機能を維持する因子。アレルギーがあると高値を示す)を産生しやすい

湿疹ができ、掻かずにいられないほど痒く、赤くなったり、ジュクジュクしたり、かさぶたができたり、乾燥してふけのように皮膚が剥がれたりします。

多くは左右対称に症状が現れ、額や目の周り、口の周り、耳の周辺、首、手足の関節に出ることが多いのが特徴ですが、体幹にも現れます。

6ヶ月以上の慢性、もしくは何度も症状を繰り返すのもアトピーの特徴であり、それがやっかいなところです。

その名の通り「原因がよくわからない」といわれていたアトピーですが、今日では遺伝的な素因のほか、免疫や自律神経のバランスの異常が大きな原因のひとつであると分かってきました。

なぜ自律神経や免疫の異常がアトピーを引き起こすのかについては自律神経失調のお話をご覧ください。

厚生労働省の調査によると、その発症は1歳から4歳の学童期前の幼児と、15歳から30歳前半の、いわゆる思春期から就職後10年辺りに集中しているようです。

その時期が、ちょうど生活や精神面で不安定な要素が多い時期なことからも、アトピーが自律神経と大きく関係する症状であることがうかがえます。

アトピーの西洋医学的治療

残念ながら現在の段階ではアトピーの根本的な治療法は発見されていません。

ですから、西洋医学では皮膚科で処方されるステロイド外用薬による対処療法が治療の中心となります。

ステロイドとは、もともと副腎皮質から自然に分泌されるホルモンの一種で、免疫力を高める作用があります。

そのホルモンを外用薬として一時、人工的に補うことで皮膚症状を楽にします。

ところが反面、ステロイドを長期間大量に使用すると、逆に副腎皮質が機能低下を起こしてしまうのです。

その結果、皮膚がちりめん状に縮んだり、色素沈着を起こしたり、緑内障を起こしたりという副作用を起こします。

だからといって、ステロイドを「悪」だと決め付けないでいただきたいと思います。

患者さんのQOL(生活の質=Quality Of Life)を考えれば、たとえ一時的であっても痒みから開放されるのは大事なことだからです。

またステロイド外用薬は、現時点ではアトピー性皮膚炎の炎症をもっとも鎮静させる薬として、その有効性と安全性が科学的に立証されています。

特に、自己判断で勝手に塗るのをやめてしまうのは非常に危険です。急にやめるとリバウンドによる強烈な症状憎悪を引き起こすことがあります。

西洋医学では、アトピー性皮膚炎の最終治療ゴールを「cure=治癒」ではなく「care=症状を抑える」としています。

つまり、完治は難しくても、薬を使って上手に症状のコントロールをしながら病気と共存していこうという考え方です。

アトピーの鍼灸・東洋医学によるアプローチ

では、ここで鍼灸(針灸・東洋医学)ではどのような治療法があるのかご説明します。

そもそも、鍼灸(針灸)治療は、自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスを整えることや、白血球内に含まれる免疫ガンマグロブリン(IgM、IgA、IgEなど)の値を正常に戻すことを非常に得意としています。

また、鍼と灸が全く逆の作用をする場合があることも、数々の研究により分かってきました。

鍼の刺激は交感神経の抑制に働き、灸の刺激は副交感神経の抑制に働くというものです。

長期にわたってステロイドを使い続けておられる患者さんは、副交感神経の過剰亢進という体質をベースに持ちながら、同時に顆粒球数の増加という交感神経の過剰亢進も抱えた、複雑な身体になってしまっています。

鍼灸では、鍼と灸が持つ2つの抑制作用を上手に活用し交感神経と副交感神経の両方を正常な状態まで引き戻していきます。

とはいえ、鍼灸(針灸)治療は患者さんが持っている自然治癒力を呼び起こすものです。

ステロイドを長期にわたって使用されている患者さんは、本来のホメオスターシス(人間が生まれついて持つ生体の恒常性)を取り戻すのに、それなりの治療期間が必要になってしまいます。

ステロイドを長期に使用されている場合、効果がではじめるまでに最低でも6週間程度かかります。

通院頻度は通常週に1回〜2回程度です。

東洋医学ではアトピーによる皮膚症状を、身体を流れるエネルギー(風・湿・熱)が、何らかの原因によって澱み、それらが身体によくないもの(邪〔ジャ〕=風邪・湿邪・熱邪)に変わることによって、引き起こされると考えます。

なかでも、臓腑の「肺」と「脾(ひ)」に邪が入り込むことにより、皮膚に潤いを与えている水分(津液〔しんえき〕)がうまく行き渡らなくなって自然な潤いを失い、アトピー性皮膚炎特有の皮膚の痒みや乾燥、ジュクジュクが起こると考えるのです。

  • :食物の消化と、そこからより純粋なエネルギー(津液)に純化させ、全身を栄養する成長発育の根本をなす作用
  • :呼吸を司るとともに、呼吸から得たエネルギー=「気」、食物から得られたエネルギー=「津液」を全身、皮膚へと送り届ける作用

 

すこし難しい表現をすると、「腠理の開閉はうまくいかず、虚熱が停滞して皮毛を蒸す」といいます。

すなわち皮膚の熱の発散がうまくいかず、その熱が皮膚の下にこもってしまうため、皮膚が発赤して、かゆくなる、、、と考えます。具体的な治療はまず虚熱の発生原因を絶ち、腠理の調整を行なっていきます。

虚熱は上に昇る性質のある熱であるため、アトピーの好発部位は上焦(体の頂上付近である顔、首、肩)になります。

このように当院では、「邪」、「臓腑」、「気・血・津液」という、東洋医学的側面と免疫機能、自律神経といった西洋医学の両面から、更には生活習慣や精神的ストレスを理解することにより、多面的角度から見据えた治療を行い、出来るだけ早くステロイドから脱却できる、丈夫で健康な皮膚を作ることを目標としています。

東洋医学の最大のメリットはステロイドの量を減らしてゆけるので安全ということです。

また、リバウンドしないことも大きな大きなメリットです。

デメリットは効果が出始めるまでに時間がかかることとかゆみと炎症に対しての即効性がないという点ですが、長期的視点にたって自分のカラダを見つめていく余裕があれば、ステロイドを使わずコントロールすることが最善かと思います。

即効性はありませんが、皮脂が分泌され、皮膚がしっとりしてくるようになれば、どんどん改善されていく傾向にあります。

当院では軽いアトピー症状の方から日常生活に支障を来たす重度の患者様まで、色々なレベルの患者様が来院され、効果を実感していただいております。

鍼灸(針灸)治療と併用して、日常生活のアドバイスを積極的に摂りいれ、一刻も早く、改善していただけるよう真心を込めて、患者様と向き合っております。

また、アトピーと同時に喘息、鼻炎、目のかゆみ、花粉症など他のアレルギーを持っている患者様も、治療することによって、もろもろのアレルギー症状の緩和を体感されております。

まだ鍼灸をお試しになってない方は是非一度鍼灸治療をお試しいただければ幸いです。

鍼灸適応疾患一覧
神経系
運動器系
消化器系
  • 胃炎
  • 逆流性食道炎
  • 胃下垂症
  • 胃酸過多症
  • 胃痙攣
  • 十二指腸潰瘍
  • 食欲不振&口内炎
  • 消化不良
  • 慢性肝炎
  • 胆石症
  • 慢性腸炎
  • 便秘
  • 下痢
  • 痔疾など
循環器系
内分泌系
呼吸器系
泌尿器系
  • 前立腺肥大
  • 慢性腎炎
  • 膀胱炎
  • ネフローゼ
  • 頻尿多尿
  • 尿道炎など
感覚器系
婦人科系
小児科系
  • 小児喘息
  • 夜尿症
  • 夜泣き
  • かんの虫
  • 消化不良
  • 虚弱など
その他

アキュラ鍼灸院へのアクセス

アキュラ鍼灸院へのアクセス

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-3-8 第二栄来ビル8F
[渋谷駅より]
宮益坂口より徒歩8分、11番出口より徒歩8分
[表参道駅より]
B2出口より徒歩8分
[お車の方へ]
周辺の有料駐車場をご利用ください
(当院では駐車場はご用意しておりません)。