ENGLISH
 お問い合わせ    

無料メール配信サービス(1か月分のブログをまとめてお届け)

当院では毎週、妊活や妊娠中に役立つ内容をブログで配信しております。
毎月10日に、前月に更新したブログのタイトルとその見出しを、まとめてお知らせするメルマガ配信サービスを配信しております。ブログを毎回チェックするのが面倒、まとめて読みたいなど読者からの声を反映し、皆様のお役に立てればと思ってます。また、当ブログで最も読まれた過去の記事を月間アクセスランキングとして発表しております。メルマガ配信サービスをご利用になるには、下のボタンをクリックしてご登録ください。

\メルマガの解約はいつでも簡単にできます/
無料メルマガにいますぐ登録

コロナ対策にもビタミンD?

「コロナワクチン、いつ受けたら良いですか?」
「採卵(移植)を控え、接種を受けても大丈夫でしょうか?」

最近、妊娠治療の患者様からよくこういった質問をいただきます。
そっけないようですが、
お答えは:「担当ドクターとご相談の上、ご自身でお決めください。」

というのも、新種のウイルスのためまだまだ決定的なことを言えるほどの臨床データがそろっていないからです。
信憑性の高い(と思われる)情報を精査して、自身で判断、適切と思われる行動をとるしかありません。(日本産婦人科学会のコロナ関連情報を下記に掲載してあります)

では3密を避ける、手指消毒、マスクの着用といったお決まりの対策以外、何か有効な手立てはあるでしょうか?それはビタミンDの摂取かもしれません。

ビタミンDには免疫調整作用といって、抗炎症性サイトカイン濃度を増やす、炎症性サイトカイン濃度を下げる、ウイルスの複製率を低下させる物質の誘導などの作用があります。
シンプルに表現すると、過剰な炎症反応=サイトカインストームを抑え重症化を抑止するという感じでしょうか。

アイルランドでは、コロナ感染者中、血中ビタミンDの低さと重症度の相関性が見られたという研究結果が出ています。
またスペインからはビタミンDをコロナ患者に投与することで、重篤化を防ぐことができたという報告も寄せられています。
真相の究明にはまだまだたくさんの症例研究が必要ですが、ビタミンDの免疫調整作用に期待が持てると言ってよいでしょう。

ビタミンDが妊活にとても大切であることをご存じの方も多いはず。
コロナ対策にも有効かもしれないとは驚きですね。
現代人にはビタミンDを始め、各種ビタミン・ミネラル不足の方が多く見られます。
適度な日光浴、バランスの取れた食事、添加物を避ける、不足分をサプリメントで補うなどして上手にコロナ対策を講じましょう。

アキュラ漢方 鈴木麻希子

こちらも併せてご覧ください:
新型コロナウイルス(メッセンジャーRNA)ワクチンについて(PDF)
COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ(PDF)
新型コロナが重症化してしまう人に不足していたビタミン
Vitamin D&COVID-19

よろしければ過去の記事も参考にしてください。
妊娠前からのビタミンD補充は妊娠・出産にやくだつ
注目すべきはビタミンD

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ブログランキング


アキュラブログでは、「妊活・不妊鍼灸治療」カテゴリーにて以下のブログランキングに参加しております。
記事の内容がお役にたてた場合は、以下のバナーをクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

健康と医療(不妊)ランキング
健康と医療(不妊)ランキング

妊活ランキング
妊活ランキング
PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ