ENGLISH
 お問い合わせ    

アキュラ鍼灸院でこれから治療を検討されている方、現在通院中の方へ

アキュラ鍼灸院で治療を受けた方からの応援メッセージを掲載しております。今後通院していただく方々にとって参考になれば幸いです。

【出産報告】M・Nさま(2010年3月)

アキュラ鍼灸院で鍼灸治療を受けようと思った理由

・「カラダを温めれば不妊は治る!」を読み、内容に共感できた為。
・以前からひどい冷え性で悩んでいた為、不妊の理由が冷え性にあるのではと思えた為。
・薬などに頼る事なく、自分の体を妊娠できる体質に変えたかった為。

治療体験、エピソードなど

・鍼は初体験だった為、痛みなどが心配でしたが実際受けてみると痛みもなく、治療後は体がすっきりした感じがしました。
徐先生とスタッフの皆さんがとても親切で、診察内容についても丁寧にご説明下さった為、余計な緊張をせずに済みました。
・家で自分でできる諸々のアドバイス(ウォーキング、お灸、足湯)も頂き、妊娠に向けて更にやる気がでました。

妊娠のために自分で努力したこと

・冷え性を改善させる為に徐先生から言われた事を毎日の日課として実行しました。(ウォーキング、お灸、足湯)

妊娠出産を通しての心境など

・つわりの時期は気持ち悪さを和らげる治療をして頂き、出産が近づいてからは安産治療をして頂きました。
妊娠後も不安だらけでしたが、針治療を続けていた事で精神的にかなり助けられたと思います。
産後のひだちを良くする治療、母乳の出をよくする治療なども行って頂けるという事なので、また時間を作ってお伺いさせて頂きたいと思っております。

これからアキュラ鍼灸院へ通院を考えている方へ伝えたいこと。

・薬などに頼らず、自分の体質を改善してくれる鍼治療は自分の体にとってもおなかの胎児にとっても、安心できる治療なのでとてもよいと思います。
また、一緒に体の他の不具合も診て頂けるので体全体の体調も良くなります。
即効性はないかもしれませんが、根気良く続ければ必ず成果は出ると思います。
特に働いている女性にとっては、定期的に何かを続けるという事は時間的にも体力的にもとても大変だと思いますが、赤ちゃんに会える日を信じて1日でも早く鍼治療を始めて頂きたいと思います。

【出産報告】Y・Mさま(2009年1月)

アキュラ鍼灸院で治療を受けようと思った理由

まずはアキュラ鍼灸院で治療を受けようと思った理由ですが、2年前にさかのぼりますがそのときすでに8年間不妊治療を続けていて、タイミング指導に始まり人工授精、体外受精を何回も繰り返して2度の流産を経験して途方にくれていたときに、ネットでアキュラ鍼灸院のHPに行き当たりました。内容を読んでみると、不妊治療に詳しい先生たちがいること、不妊治療だけしていた夫婦と比べ、鍼灸を併用して不妊治療をしたほうが妊娠率が高いという記事を読んで行ってみようという気持ちになりました。
それまで、プロポリスやマカを飲んでみたり、カフェインを一切取らなかったり、スクワットを毎日やってみたり、子宝神社、子宝温泉などなど妊娠に良いと言われるものをすべて試してきましたが、鍼はまだ未知の世界でした。
最初は怖いという気持ちと本当に妊娠するのだろうか・・と半信半疑でした。

治療体験、エピソード

初診の日のことは今でもよく覚えています。
徐先生と真野先生の二人がいらっしゃって、真野先生がカラフルなフエルトを体にかざしながら診察していきました。私はあらゆる臓器が冷えていました。
最初は体の上から触って、その中身の臓器が冷えているのがわかるなんて、なんだかうそっぽ〜いと思いました。(笑)
でもつま先から頭まで、体の表裏に鍼をうち、よくわからないまま治療院を出て渋谷の駅に向かって歩いているときに、全身を血がぐるぐるとめぐっているのを実感しました。
血管に血が流れているのを感じるなんて今までにない経験で、それまで体のなかに滞っていたものが温められて浄化されていくような気がしました。本当に不思議な感覚で、このとき「鍼って効くかもしれない・・。」と思いました。
それから毎週1回2年間真野先生の治療に通いました。最初のころはいつも子宮や卵巣に冷えが入っていました。先生が印をつけてくれるのでそこの場所に毎日お灸をして温めました。
子宮や卵巣だけではなく全身を診て鍼をうってもらえるので、そのおかげで風邪をひきにくくなったり体調が悪くなることがなくなりました。

妊娠のために自分で努力したこと、妊娠出産を通しての心境

お灸も最初は匂いが気になって気が進まなかったのですが、お灸をした後の体が温まったほんわりとした脱力感が気持ちいいと思うようになりほぼ毎日続けました。
鍼やお灸をした後は体が軽くなりリラックスできて心も体もリセットできます。だんだん体が良くなっていくのを実感できるようになってきました。
なによりも心強いのは採卵や胚移植の日程に応じて鍼をうってもらえるところです。
不妊治療に詳しい先生達がいるおかげで、治療に対する悩みなども何でも相談することができてすごく励みになり支えていただきました。
先生のアドバイスで病院も変更しました。私は薬を飲んだり注射をうつと体がダメージを受けやすいということで、極力薬や注射を使わない病院に通ったところ2回目の体外受精で妊娠することができました。周りの友達や親戚に「何か特別なことをしたの?」とずいぶん聞かれましたが迷わず「鍼に通ったら体が元気になって妊娠したの」と答えています。

これからアキュラ鍼灸院へ通院を考えている方へ伝えたいこと

結婚して14年、そのうち10年も病院に通い続けて何度も挫折を味わってきて、すっかり自分の体力に自信を失っていた私がつわりもほとんどなく妊娠中も何一つトラブルもなく、こんなに元気な赤ちゃんを産むことができたのは出産の1週間前まで通い続けた鍼のおかげだと思っています。
陣痛がきて分娩まで4時間半の初産とは思えないくらいの超安産でした。
助産師さんに「高齢出産なのに赤ちゃんは3220グラムもあるしとても肉付きのいい元気なお子さんですね」と言われました。
鍼に通う前の私からは想像できない言葉です。
妊娠のために続けたことは鍼、お灸、1時間くらいのウォーキング、腹巻をすること、フットバスです。どれもいつの間にか習慣になってしまって、努力してやったという感覚は全くなくてなんとなく続けていたという感じです。
鍼のいいところは具合が悪くなる前に、冷えているところや悪いところを見つけて治してくれるところだと思います。
自分では気づかない卵巣や子宮の冷え、便秘なども鍼とお灸と運動で改善されます。鍼をうつようになってから意識も変わり、毎日自分の体とちゃんと向き合うようになりました。今日の調子はどうかな、冷えていないかなといつも気にかけるようになりました。鍼は週1回1時間だけどそれだけに頼らず家での養生も必要だと思います。
徐先生の書かれた本もとても参考になりました。何回も読みました。病院に通っている私の友達にも薦めました。本を読んだ友達で、近所の針に通った2人が今妊娠していて11月と来年の1月に出産予定です。それぞれ35歳と40歳です。1人は逆子と診察されましたが鍼で治ったそうです。
今年の1月3日に娘が生まれて早くも7ヶ月になりました。
アキュラ鍼灸院に2年通ったおかげで自分の体の弱いところ、お灸で温めたほうがいい場所、養生のやり方などいろいろ教えていただきました。今は育児に追われて治療院までなかなか通うことができませんが、家で養生しながら産後の体調管理を自分でやっています。私にとって先生方は家族のような感覚で、みなさんに見守ってもらいながら娘を出産したと思っているのでまだ落ち着いたら通いたいなと思っています。
アキュラ鍼灸院に出会えてよかったです。

【出産報告】Aさま(2009年8月)

アキュラ鍼灸院で鍼灸治療を受けようと思った理由

両側卵管閉塞のため、不妊治療(体外受精)を始めて3年が経ちましたが、結果が出ず、病院での治療以外に何かできることはないか?と思い鍼治療を受けました。年齢が40歳を超えて、治療の止め時を意識し始めたこともあり、できることは悔いなくやっておこうという気持ちもありました。特にアキュラ鍼灸院で受けようと思った理由は、ホームページを見て、不妊治療に詳しい治療院だと感じたことです。

治療体験、エピソードなど

実際に通い始めると、スタッフの方は不妊治療(体外受精)の知識が豊富で、カウンセリングでは治療内容をすべて理解していただけました。また、時には愚痴のような悩みにも耳を傾けていただき、精神的にとてもリラックスできました。
不妊治療以外にも、肩こりや疲れ目、スポーツによる筋肉や関節の痛みなども治療していただき、身体のコンディションを全体的に底上げできたように思います。
不妊治療に特に有効だと感じたのは、胚移植当日の治療でした。 11月でしたが、治療後はうっすら汗ばむほどに身体が温かくなり、着床を促してくれたのではないかと思います。温かさをキープするために、当日は車で帰宅しました。
妊娠が分かったのは、鍼灸治療を始めて約4ヵ月後のことでした。鍼灸治療は3ヶ月後くらいから効果が表れると聞いていましたので、私には治療が合っていたのではないかと思います。

妊娠のために自分で努力したこと

とにかく身体を冷やさないようにしました。腹巻や靴下の着用はもちろん、食べ物にも気を遣いました。玄米を主食に、野菜は旬のものをいただき、肉を控えて、大豆食品や小魚を積極的に食べていました。アルコールやカフェイン、冷たい飲み物はとらないようにしました。また、以前から趣味で行っていたウォーキングやジョギング、サイクリングを続けていたのも体調を整えるのによかったと思います。

妊娠出産を通しての心境など

妊娠中はひどいつわりに苦しんだり、妊娠後期には身体の浮腫みが悪化して入院したりと、つらい時期もありました。出産も難産で、身体にも精神的にも負担が大きく、無事に産まれたときには長い治療生活のこともあって、「やっと会えたね!」という心境でした。今は育児に追われる毎日ですが、赤ちゃんが家にいることが夢のようで、信じられないような気持ちです。産まれてきてくれてありがとう、そう思わずにはいられません。

【出産報告】Y・Mさま(2009年8月)

不妊症だと診断をされた後、一度は自然妊娠したものの流産をし、その後、顕微受精を行い一度目は着床せず、2度目で妊娠したものの再度流産をしてしまい、 不妊治療を続けて行くことに疲れてしまい、ちょっと休もうと思っていたところ、他の方のプログでこちらの鍼灸院を知り、通い始めました。
こちらに通って、鍼灸の先生に体を治療して頂きながら、話を聞いて頂いたりすることによって、精神的にもかなりリラックスしたので楽しく通うことができました。
八ヶ月程通って、そろそろ不妊治療も再開しようかなと思っていたところ、自然妊娠することができました。
二度も流産しているので、妊娠が継続できるのか不安な部分もかなりあったのですが、通う度に元気に育ってることを教えて頂いて、とても安心できました。 その後、安定期に入るまで通い無事に出産することができました。 本当に鍼灸のお陰で妊娠、出産できたのだと思っています。 アキュラ鍼灸院の先生、スタッフの皆様、有難うございました。

【出産報告】U・Tさま(2009年5月)

アキュラ鍼灸院で鍼灸治療を受けようと思った理由

不妊治療をはじめてから1年半経ち治療にも疲れていた頃、書店で徐先生の『カラダを温めれば不妊は治る』を見つけました。鍼治療との併用で妊娠する確率が高まるということは聞いたことがありましたが、本を読むと鍼灸治療は本当によさそうでしたし、次の体外受精では成功したいという気持ちが強かったこともあり、積極的に不妊に取り組むアキュラ鍼灸院で頑張ってみようと思ったのがきっかけです。

治療体験、エピソードなど

初めて鍼灸をしたので最初は緊張しましたが、実際受けてみると痛みもほとんどなく、身体がじんわりと温まってリラックスできました。体調もよく、いままでとは確かに違うという感じがありました。体調はもちろんのこと、精神的にもかなり楽になり、治療にも前向きに臨めるようになりました。鍼灸治療を始めてすぐに行った体外受精で着床したときはほんとうに感激しました。妊娠してからもつわり軽減と、臨月を迎える前に安産のために治療をしていただきましたが、おかげさまで陣痛が始まってからも痛みが少なかったですし、出産も安産でした。

妊娠のために自分で努力したこと

身体が温まるものを食べたり、身体を冷やさないようにしました。院長先生に教えていただいたツボには毎日お灸(プレママプラス あったかブレンド灸)をしました。背中など手が届かないところは主人が手伝ってくれました。

妊娠出産を通しての心境など

妊娠が分かってからつわりも少しありましたが、妊娠中はとても穏やかな気持ちで過ごすことができました。アキュラ鍼灸院で身体と心を整えていただいたからと思っております。出産後は育児であわただしく過ごしておりますが、子供はいとおしく、授かったことに感謝する毎日です。院長先生には大変お世話になりました。妊娠を望んでいる方にはぜひアキュラ鍼灸院での治療をお勧めしたいと思います。

【出産報告】T・Hさま(2009年4月)

アキュラ鍼灸院で鍼灸治療を受けようと思った理由

初めての体外受精で子宮外妊娠をしてしまい、片側の卵管切除となってしまいました。心身ともに、乱れているのを感じていたので、子宮外妊娠時に採卵し受精卵となった、凍結保存している残り一個の受精卵の移植で長年の不妊治療を終了しようと話し合いました。そんな時に、不妊に鍼灸がとても効果があると海外の研究で発表されていることをネットで知り、検索しているうちに貴院と院長先生が人気があることを知り、迷いなく「ぜひ治療を受けたい!」と強く思い、受診させていただきました。長い間悩み、不妊治療をしてきたのでもう時間も体も遠回りしたくないとも思っていた時期なのでよい時期に貴院を知ることができ、幸せです。

治療体験、エピソードなど不妊治療体験でしょうか?

「私の不妊治療史」
2000年 結婚
2000年12月から数回、排卵誘発剤を使用。
2003年 排卵誘発剤 (クロミッド)の副作用で腹水がたまると同時に妊娠、4センチの子宮内膜症性卵巣嚢腫も見つかる→流産。卵巣嚢腫は大丈夫とのことでその後1年半タイミング療法
2004年4月 激しい腹痛で救急車で搬送→卵巣嚢腫を手術すべきと指摘されるセカンド、サードオピニオンを受け、リュープリンなしでできるだけ早い時期に手術をしてくれる病院を探す。
2004年8月 腹腔鏡手術にて卵巣嚢腫切除
2005年 人工授精6回→妊娠せず
2007年 採卵し二個受精卵ができる。10月体外受精→子宮外妊娠、12月子宮外妊娠による左卵管切除
2008年 二個目の受精卵移植→妊娠、2009年4月出産

「アキュラ鍼灸院での治療体験」
一回目の治療で明らかに体の変化を感じました。大きな変化は体の芯からぽかぽかし、冬なのに帰り道でうっすら汗ばむほど。もともと冷え性で、冬は体の芯から凍えるほど冷たいのを感じるのに不思議な思いでした。また、同時に帰り道で起きていられないほどバスの中で睡魔が。帰ってからもぐっすり眠りました。約半年間できるだけ週一回のペースでお世話になりましたが毎回施術後は家でとろけるように深く眠りました。起きた後は体がすっきりする感じ。一回目の治療からたとえ妊娠できなくても自分の体のメンテナンスに鍼灸がよいことを実感し、通ったほうがいいと思いました。いかに自分の体が冷えていたのかを実感しました。鍼も痛くないですし、院長先生のいろんなアドバイス、お叱りが自分にはとても効果があり、「癒され感」もありました自分の不妊治療を見つめなおすのにも大変勉強になりました。

「 妊娠のために自分で努力したこと」

院長先生のアドバイスどおり、一日できるだけ一時間近く歩くように努力しました。いかに自分が歩いていなかったのかを実感しました。もともと食べ物のバランスには気を使っていましたが、さらに気をつけ、それから甘いものは我慢しました。

「妊娠出産を通しての心境など」

以前にも流産、子宮外妊娠を体験しておりますが、そのときは、異常妊娠とわかる前から、育つのかどうかとても不安な気持ちでいっぱいでした。ですが今回の妊娠、出産は終始不安な気持ちが不思議なほどまったくなく、妊娠3ヶ月まで院長先生に鍼をしていただき心身ともに整えていただいたおかげだと思います。正直体だけではなく精神状態も大変落ち着いたように思います。自律神経も安定するのでしょうね。鍼を受けてからいらいらすることがなくなったように感じました。鍼の効果は幅が広いと実感いたしました。27週で妊娠性高血圧症候群になり、33週での緊急帝王切開となった出産でしたが、妊娠後に院長先生に診ていただいていたときに、「大丈夫この子はものすごく強い力のある子だ」といつも言っていただいていたので恐怖心の強い私もまったく手術や出産に対して怖い気持ち、不安な気持ちがなく、自分でも不思議な気持ちでした。妊娠期間中もとても穏やかな気持ちで過ごすことができ、子供がおなかの中で育つという神秘的な世界を味わわせていただきました。院長先生の鍼治療がなければ長年不妊治療で苦しみ、重度の子宮内膜症と男性不妊の我が家の場合妊娠出産は難しかったと思います。感謝の気持ちでいっぱいです。子育てが一段落したらぜひまたお世話になりたいと思っております。多くの妊娠出産を望む方の夢が叶ったらいいなと思います。

PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ