ENGLISH
 お問い合わせ    

アキュラ鍼灸院でこれから治療を検討されている方、現在通院中の方へ

アキュラ鍼灸院で治療を受けた方からの応援メッセージを掲載しております。今後通院していただく方々にとって参考になれば幸いです。

S・Oさまからの卒業メッセージ

こちらに通ってから半年ほどたった頃でしょうか。気が付いたら冷え性がなくなっているのがわかりました。
いつも手足が夏でも冷たかったのが、変わっていました。
卵の質も明らかに上がっていったのも体調が変化したおかげだと思います。
毎回寝てしまう程リラックスできる空間でした。ありがとうございました!

T・Tさまからの卒業メッセージ

私は6年半、不妊治療をしていました。
都内の大学病院や専門病院での治療を続けても結果が出ず、最後の砦と大阪まで通院していました。
そこで、統合治療の一つでもある鍼治療をすすめられ、アキュラ鍼灸院を紹介されました。
鍼は痛いイメージがありましたが、先生やスタッフの方々の詳しい説明でリラックスして治療をすることができました。
脈などから不調な所を指摘されたときは本当に驚きました。そして改善へと治療していただきました。
不妊治療で不安な時、悩みを聞いていただいたり励ましの言葉で支えられました。
鍼治療開始から8か月で無事妊娠までたどり着くことができました。本当に感謝です。ありがとうございました。

元アキュラ鍼灸院スタッフの出産レポート(K・Hさま)

2012年6月〜2015年3月在籍。アキュラ鍼灸院で英語が堪能な鍼灸師として活躍。その後、世界一周豪華客船のクルー(鍼灸師)として世界の海の上で外国の患者様を施術。帰国後、妊娠・出産。自身の妊娠・出産中の鍼灸治療の体験記です。

K.H.さまからのメッセージ

アキュラで鍼灸師として働いていた時、多くの患者さんが新しい命とともに卒業されていきました。喜びでいっぱいの患者さんからよく聞かれたのが、「これからも鍼灸は続けた方がいいですか?」という質問でした。もちろん鍼灸が妊娠中の不調や安産に効果があることは知っていましたが、出産経験がなかった当時はリアリティがなく、「不調が出るようなら来てください」とお伝えしていました。
今なら、妊娠出産にいたった全ての患者さんに力強く言い切れます。「妊娠中も、そして出産後も鍼灸はやりましょう!」
産院の先生や助産師さん、私と家族全員が帝王切開を考えていた状況で、びっくりするほどの安産だったのは、ひとえに鍼灸のおかげでした。
妊娠中の赤ちゃんの成長について、イラストを見る機会があると思います。日々成長する赤ちゃんのイラストは心強いのですが、その日々巨大化する子宮の周りには大腸や小腸や胃、肝臓などの内臓が押し出されてぎゅうぎゅうになっていることを、実際に妊娠するまですっかり失念していました。当時の手帳を見ると、毎日が苦痛の連続だったことがわかります。妊娠初期のつわりとはまた違った、内臓が中からかき回されるような不思議な感覚です。子宮の中で赤ちゃんが動くたびに、ビリビリとお腹が張ります。よく赤ちゃんの頭っぽいものや膝っぽいものが形がわかるほどにお腹から出ていました。
赤ちゃんが大きくなるにつれ、胃が上に押し出されているので横になると胃液が口まで溢れ、腎臓が圧迫されるので血尿がでて、足は象のようにむくみ、10分以上座ることができず、10秒以上立つことができず、坂道が歩けず、寝られず、だんだん通常の生活ができなくなります。
妊娠中、可能な限り鍼灸を受けていました。鍼で、凝り固まった背中が解され、冷え切った下半身がお灸で温まると、子宮がリラックスするのがわかりました。赤ちゃんが鍼灸に反応し、のびのびしているのもわかりました。高齢出産ということもあり、毎回の検査が心配でいっぱいでしたが、毎回「とても元気に動いていますね」と太鼓判を押されていました。
出産一ヶ月前までアキュラで受付として働かせていただいたのですが、それができたもの院長やスタッフのみなさんのサポートと鍼灸があったからでした。お腹が張りすぎて勤務できないほどの時は、院長が治療をしてくださり、電車で帰れるほどに回復しました。また、頑固な逆子に悩んでいたのですが、スタッフの先生が逆子灸と経絡の鍼で、翌日の検査では頭が下になりました。
最終的に、出産5日前まで鍼に通っていました。そして予定日3日前に破水をしました。
一晩たっても陣痛が来ないので、陣痛促進剤を入れることになりました。産院の先生や助産師さんは全員、「これは帝王切開かな」と思っていたらしく、丁寧に帝王切開の必要性を説明し、説得されました。手術の準備も進んでいたようなのですが、結果的に促進剤がとても効いて、3時間で出産という、先生が驚くほどの安産となりました。
アキュラで受付をしていた当時の私を見た方はご存知だと思いますが、とにかくお腹が大きかったのです。中身もとにかく大きく、息子は体重は4キロ近く、特に頭が平均より3cm大きかったそうです。通常なら確実に帝王切開だったそうです。
後で、ベテランの助産師さんに「それは鍼をしていたから、骨盤の筋肉がやわらかかったのねえ」と言われ、鍼灸って本当にすごいなと改めて感心しました。
退院後も、友人やアキュラのスタッフの先生が遊びに来て、赤ちゃんの世話を手伝ってくれたり、鍼をしてくれました。
そのおかげで産後の肥立ちも非常に早く、2ヶ月で海外、3ヶ月で国内の旅行(帰省)をし、6ヶ月目でフルタイムの仕事に復帰しました。(子供は旅行先の方が体調も機嫌も良いこともわかりました。遺伝ですかね)
鍼灸は自分にもともと備わっている治癒能力を引き出す、非常に強力かつ安心なツールです。妊活で鍼灸の恩恵を受けたみなさんには、ぜひそれ以降の恩恵も存分に受けていただきたいです。

【出産報告】K・Hさま(2016年11月)

アキュラ鍼灸院で治療を受けようと思った理由

友人の知り合いが何をやっても妊娠できなかったが、こちらに通い始めて妊娠したと聞いたので、すがる思いでこちらでお世話になろうと思いました。

治療体験、エピソード

顕微授精で3回移植しましたがうまくいかず、何か他に出来ることはないかと思い、お世話になることにしました。鍼やお灸に痛いイメージがありましたが、全く痛くなく、身体がポカポカになり心身ともにリラックスできました。先生の知識が豊富で、とても信頼できました。不妊治療は友達にも気軽に言えることでも
なく、孤独感が少しあり辛かったですが、先生とのお話も楽しみでした。
妊娠できたのも安田先生のおかげだと思っています。妊娠がわかった時は、一緒になって喜んでくださり、とても嬉しかったです。

妊娠のために自分で努力したこと、妊娠出産を通しての心境

自宅でのお灸、身体を冷やさない、ヨガ、漢方など

これからアキュラ鍼灸院へ通院を考えている方へ伝えたいこと

悩んでいるなら1度相談されることをオススメします。それから通院を考えてもいいと思います。

アキュラ鍼灸院よりK.H.様へ

担当鍼灸師コメント
お知り合いの方のご紹介で来院されました。来院時、採卵して3個の凍結胚ができるものの、移植3回のうち1回目は化学流産、2・3回目は陰性となかなか妊娠継続できずにお悩みでした。また、月2回しかお休みがないぐらいお仕事が忙しくFSHも少し高めだった為次に採卵して胚盤胞までいくか、移植しても妊娠継続できるか本当に不安そうでした。まずは、質の良い育卵のために、鍼灸を約3ヶ月間、週1回のペースでの鍼灸治療と自宅灸や規則正しい生活、30分ぐらいのウォーキングをするようにお伝えしました。忙しいお仕事の合間のお昼休みや少ない休日を利用して週1回の治療ペースとホームケアをまもっていただいた結果、1回の採卵・移植でご懐妊されました。妊娠初期は悪阻などで悩まされていましたが悪阻の鍼灸治療などで、無事12週までたどりつき、予定日より5日遅れて安産でご出産されました。

治療のポイント
1)不安がいっぱいだったのでお話をよく聞くようにしました。 2)お仕事が忙しかった為いつも疲れておられました、お体の疲労をとり除き心も体も前向きになれるような治療を心がけました。 3)移植後や判定後は不安のために体が敏感になっていることを予測していつも以上にやさしく施術しました。

アキュラ鍼灸院からのメッセージ
産後や新生児のお世話で疲れたら、是非リフレッシュしにアキュラ鍼灸院におこしください。スタッフ一同お待ちしております。

T・Aさまからの卒業メッセージ

無事、第二子を授かる事ができ、今はホッとしています。
凍結胚の最後1つだったので、移植時期などすごく慎重になりましたが、何でも相談できる先生方を信頼し、自分の想いを伝え、本当に良いタイミングで移植できたなと思います。
これからも出産まで2〜3週間に一度はメンテナンスに訪れようと思っています。
引き続き、宜しくお願いします。

【出産報告】M・Iさま(2016年6月)

アキュラ鍼灸院で治療を受けようと思った理由

二度の顕微授精を経て着床せず困っていたところ、こちらのクリニックで治療を受けて妊娠した知人にすすめられ、紹介をしてもらいました。鍼灸という東洋医学的なアプローチによって効果を得られるのではないかと期待したのと、出産にはタイムリミットがあるのでできることは全て試してみようと思い通い始めました。

治療体験、エピソード

当初は卵の数が3,4個程度しかとれず、やっと受精しても受精卵のグレードが低く着床しなかったため何度も採卵を繰り返していました。卵子の質を高める体質改善のためにウォーキングや就寝前の体操など、先生にアドバイスを受けたことは全て取り組み、他院で処方された漢方も並行して飲んでいました。すると徐々にとれる卵の数が増えて最後には10個にもなり、受精卵のグレードも上がったことで妊娠に至ることができました。
治療のアドバイスは大変的確で、脈を見ただけで身体の状態を毎回正しく指摘してくださったのは大変ためになりました。先生をはじめスタッフの方々も皆さん親身に治療にあたってくださり、リラックスして通えたおかげで良い結果を得ることができたと思います。

妊娠のために自分で努力したこと、妊娠出産を通しての心境

・自宅でのお灸
・身体を冷やさないよう心がける
・アルコール、冷たい飲み物を控える
・毎日30分以上のウォーキング、適度な運動
・早寝早起き
・他院で処方された漢方を毎日2回飲む

これからアキュラ鍼灸院へ通院を考えている方へ伝えたいこと

現代の体外受精はかなり発達していますが、そういった医療技術に頼るだけでなく日頃から妊娠しやすい身体作りを地道にすることが大事だということをこちらのクリニックに通って実感しました。私は妊娠まで一年半ほど通院しましたが、体質改善に時間がかかっても良い結果を得ることができたので、これから不妊治療をする方には希望を捨てず頑張っていただきたいです。不妊治療は終わりの見えない迷路のようで、精神的にも肉体的にも追い詰められますが、適度に息抜きをしながらポジティブに取り組むことで少しずつ前に進めると思います。
末筆ながら、これから治療される方々のご健闘をお祈りしています。

アキュラ鍼灸院よりM.I.様へ

担当鍼灸師コメント
来院時、なかなか良い卵が採れず、治療の進展が見られないため、焦りが見えました。お薬の量を増やすことにより採卵数が増えるものの、受精・凍結に至る卵が限られていました。また精子にも問題があり、移植できる受精卵がなかなか育ちませんでした。仕事が激務であったため、仕事との折り合いをつけていただくのにも、大変だったかと思います。 卵子は約300日かけてゆっくりと成熟していきますが、FSHの影響を受けて、大きく成長するのは排卵前のおおよそ90日程度前といわれています。90日前の卵のことを前胞状卵胞と呼びますが、多くの場合は90日程度の鍼灸治療で採卵数、胚盤胞到達率など、向上しはじめます。今回は治療を始めて1年後ぐらいなかなか結果がでませんでしたが、約1年を経過したころから、胚盤胞に育つ卵が採れるようになってきました。このような状態はPCO(多膿胞性卵胞症候群)の患者様において、よく経験します。沢山卵胞は育つのですが、質の良い卵が育たないため、治療がなかなか前に進まないことがあります。

治療のポイント
子宮、卵巣、骨盤内腔への血流改善に努めました。また、免疫を調整し、免疫寛容に傾けることで、着床しやすい環境作りを行いました。

アキュラ鍼灸院からのメッセージ
1年半と長い間、諦めずに通院いただきありがとうございます。このような形で当院を卒業することができ、とてもうれしく思います。おめでとうございます!

PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ