ENGLISH
 お問い合わせ    

無料メール配信サービス(1か月分のブログをまとめてお届け)

当院では毎週、妊活や妊娠中に役立つ内容をブログで配信しております。
毎月10日に、前月に更新したブログのタイトルとその見出しを、まとめてお知らせするメルマガ配信サービスを配信しております。ブログを毎回チェックするのが面倒、まとめて読みたいなど読者からの声を反映し、皆様のお役に立てればと思ってます。また、当ブログで最も読まれた過去の記事を月間アクセスランキングとして発表しております。メルマガ配信サービスをご利用になるには、下のボタンをクリックしてご登録ください。

\メルマガの解約はいつでも簡単にできます/
無料メルマガにいますぐ登録

Q55 妊活の適度な運動とは?

ウォーキングやジョギング、水泳(温水が良い)などが当てはまります。その強度は体感として『自分自身がややきついと感じるぐらいのスピード』です。

具体的な数字としては、最高心拍数の60〜80%です。

最高心拍数はおおよそ『220ー自分の年齢』なので、例えば40歳の方であれば、最高心拍数は220ー40=180ですので、有酸素運動の際には108〜144ぐらいの心拍数が『自分自身がややきついと感じるぐらいのスピード』になりますので、ご自身のご年齢を当てはめてご参考になさってください。

運動時間と頻度ですが、時間は30〜60分、回数は週に2〜5回といったところでしょうか。

普段運動していなかったという方は、最初は30分週に2回のペースで始めて、慣れてきたら時間や頻度を増やしていくといいと思います。

【無酸素運動】

主に筋力トレーニングで、腹筋、腕立てなどです。筋トレというと何か器具を使うことが想像されますが、ご自身の体重(自重)を利用して行うこともできます。

自重の強度としては回数を20〜30回程度にし、2〜3セットやってみましょう。下半身は全体の筋力の70%を占めると言われています。代謝は筋肉からするので、体温も上がりやすくなります。

ここで注意していただきたいのは全体的に、無理をして行うと活性酸素がつくられ逆効果になってしまいます。大事なことは、「運動量やストレス的に無理のない範囲で行ない継続できること」です。

楽しくできることが心身ともにベストですね☆

鍼灸師 西脇 晃

よろしければ過去の記事も参考にしてください。
過度な運動はNG!?
適度な運動は排卵障害のリスクを減らす

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ブログランキング


アキュラブログでは、「妊活・不妊鍼灸治療」カテゴリーにて以下のブログランキングに参加しております。
記事の内容がお役にたてた場合は、以下のバナーをクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

健康と医療(不妊)ランキング
健康と医療(不妊)ランキング

妊活ランキング
妊活ランキング
PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ