ENGLISH
 お問い合わせ    

無料メール配信サービス(1か月分のブログをまとめてお届け)

当院では毎週、妊活や妊娠中に役立つ内容をブログで配信しております。
毎月10日に、前月に更新したブログのタイトルとその見出しを、まとめてお知らせするメルマガ配信サービスを配信しております。ブログを毎回チェックするのが面倒、まとめて読みたいなど読者からの声を反映し、皆様のお役に立てればと思ってます。また、当ブログで最も読まれた過去の記事を月間アクセスランキングとして発表しております。メルマガ配信サービスをご利用になるには、下のボタンをクリックしてご登録ください。

\メルマガの解約はいつでも簡単にできます/
無料メルマガにいますぐ登録

Q42 タイミング、人工授精、移植後の鍼灸治療を受けるのはいつがベストですか?

残暑が残りますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今回は、タイミング、人工授精、移植後の鍼灸治療を受ける時期についてお話しします。

タイミング・人工授精・移植後に鍼灸治療を受けることで、子宮内の免疫反応を寛容にすることで、受精卵が着床しやすい環境を整えることが可能となります。

鍼を受けて頂きたい時期の目安は下記の様になります。

★タイミング法・AIH法‥実施後4日以内
★移植法
『初期胚から桑実胚』…移植後3日以内
『胚盤胞』…移植後36時間以内

それぞれの治療法により適切な時期が異なります。
理由としては、タイミング法、AIH法では、精子と卵子が出会い受精卵となり子宮へと運ばれ着床します。
胚移植では、既に受精卵となったものを子宮へ届けます。また、胚盤胞は直ぐに着床可能となりますが、初期胚から桑実胚は、子宮内で分割後、胚盤胞となり着床となる為、それぞれ胚盤胞に至り着床するまでの時間差を考慮して適切な鍼治療の時期を決定しています。

また、移植後単発の鍼灸治療よりも、週一回の治療を継続しながら、事前にタイミングやAIH・移植に備える、自宅でのセルフ灸やサプリを兼ね合わせることでより高い効果が得られます。

> アキュラ鍼灸院 オリジナルサプリ セルフお灸

アキュラ鍼灸院 村松 慎一郎

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ブログランキング


アキュラブログでは、「妊活・不妊鍼灸治療」カテゴリーにて以下のブログランキングに参加しております。
記事の内容がお役にたてた場合は、以下のバナーをクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

健康と医療(不妊)ランキング
健康と医療(不妊)ランキング

妊活ランキング
妊活ランキング
PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ