ENGLISH
  03-5469-0810    

Q:040 不妊治療のフェーズと鍼灸治療のスケジューリング

アキュラ数か月通ってきてくださってる患者さんから
採卵や移植などがあるタイミングでの鍼灸治療の頻度について
聞かれることがあります。

直前に来たほうがいいの?
何回も来たほうが効果的?

といった質問です。

そもそも鍼灸治療の頻度ですが、週1回ペースで最低3か月が大前提です。

そうした基本的な体質改善が進んできてから初めて、
各フェーズごとのスケジューリングという話になります。

基本的には週1ペースで来院されていれば
イベントの直前の駆け込み来院はあまり必要ありません。

しかし、やはり、例えば採卵の周期で
生理から採卵までの約2週間のうち、1回しか来れない場合と
少し間を詰めて3回鍼灸治療を受けれた場合とでは
採卵成績に違いが出ることもあるかと感じています。

なので、採卵周期であれば生理から採卵までの2週間のうち
・なるべく2回は来てもらう。
・2回目を採卵の直前ではなく、数日前に来てもらう。
というふうにスケジュールを提案します。

なぜ2回以上かというと、鍼灸治療を受けてもらうと、
血流が増したりして、生殖器への良い影響が出ます。
鍼灸治療の効果は少なくとも数日~1週間程度は持続するので
毎日のように来てもらう必要はありませんが、
育卵期間全般に治療効果を被せるためには2回以上必要です。

また、なぜ採卵数日前に2回目を設定するかというと
改善した血流により卵が育つ時間が必要だからです。

なので、例えば生理から1回目を4~5日目、2回目を11~12日目に
鍼灸治療を入れることを提案したりします。

定期的に来院される方は曜日が決まっていることも多いのですが
2回目が採卵直前に当たるようでしたら、前倒しを提案します。

移植の場合は生理から胚盤胞移植までの20日前後の間に
同様に2~3回+移植直後の着床サポートを提案します。

ただでさえクリニックの通院と仕事とのスケジュール調整が大変なところに、
鍼灸治療のタイミングまで調整なんて!と思われるかもしれませんが、
時間がたてばたつほど妊孕力は落ちていきます。

自分の人生の中の優先度を考えることも必要かもしれません。

ご不明な点は担当の鍼灸師にご相談ください。

鍼灸師
森 祐輔

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
  03-5469-0810