ENGLISH
 お問い合わせ    

Q38 移植を控え内膜が厚くなりません。どうしたらいいですか?

移植を控える患者様から受ける質問の中で比較的多い【内膜が厚くなりません】というものがあります。
そこで今回は、【内膜を厚くするため】鍼灸ができることをご紹介いたします。

まず、内膜が厚くなるためには、エストロゲンと言うホルモンがしっかりと分泌されることが大切となりますが、年齢やストレスにより分泌が低下することで、内膜が厚くなりにくいことがあり、移植周期に影響を与えてしまいます。
これを、防ぐためクリニックでは、エストロゲン製剤などを使用。
内膜の厚さを保つ治療を行います。

しかし、それでもなかなかうまくいかないとき、

鍼灸の出番です。
鍼灸では、子宮への血流を促します
血液内には、たくさんの栄養やホルモン、エストロゲンも入っています。
これらの物質を大量に届けることで、内膜を厚くすることができます

また、

継続した鍼灸治療により、自律神経の乱れを改善することもできます。
不妊治療から来るストレスもありますが、それ以外には人間関係や仕事などから受けるストレスもあります。鍼灸で適切なカラダからのアプローチによるストレスケアを行い、ホルモンバランスを整え、自らエストロゲンの分泌を高めることも期待できます。

その他、サプリによる栄養改善や生活指導なども適宜行っております。
当院では、医師・薬剤師・管理栄養士・培養士など、生殖医療に携わる専門職の方々と連携し、妊活特化型サプリメントの開発を行っております。

正しい栄養補給は妊活期間を短縮し、妊娠・出産に至るプロセスにおいても、極めて重要となります。

このような理由から、当院では、確かな鍼灸技術の提供と併せて、品質・結果にこだわったサプリメントの開発も行っております。

アキュラオリジナルサプリ

 

鍼灸師 村松 慎一郎

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ