Q24 凍結胚を移植していく順番について

受精卵を凍結していますが、それがなくなると不安になるので、まずはグレードが悪いものから移植をして、グレードの良いものは最後まで残しておこうと思いますが、どうでしょうか?一番良いグレードのものから移植をすべきか、迷っています?

このような質問がありましたので、お答えします。
結論から言うと、一番妊娠しやすい受精卵から移植するべきであると私は考えています。その理由は、できるかぎり早く妊娠することが大切だからです。体外受精の最終目標は「出産して、子供の成長を楽しみながら育てていくこと」であると考えています。なので、一刻も早く妊娠できるようにしたいと考えています。この思いはドクターも一緒だと思います。

また、年齢があがるにつれ、妊娠・出産の際の母体の負担も増えます。
良好胚が減っていく不安はあるかと思いますが、やはり、早く結果を出すことを考えると、一番妊娠しやすい受精卵から移植していくのが良いと考えています。

よろしければ、こちらの記事も参考にしてください。
誰も教えてくれない妊娠・出産に大切なこと
不妊鍼灸師が教える40歳からの妊活

授からずに悩んでいませんか?

院長が患者様に伝授してきた妊活のゴールデンルールを「サプリ、お灸、ワークブック」にまとめ、セットにしてお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

記事がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次