ENGLISH
 お問い合わせ    

無料メール配信サービス(1か月分のブログをまとめてお届け)

当院では毎週、妊活や妊娠中に役立つ内容をブログで配信しております。
毎月10日に、前月に更新したブログのタイトルとその見出しを、まとめてお知らせするメルマガ配信サービスを配信しております。ブログを毎回チェックするのが面倒、まとめて読みたいなど読者からの声を反映し、皆様のお役に立てればと思ってます。また、当ブログで最も読まれた過去の記事を月間アクセスランキングとして発表しております。メルマガ配信サービスをご利用になるには、下のボタンをクリックしてご登録ください。

\メルマガの解約はいつでも簡単にできます/
無料メルマガにいますぐ登録

Q17 2年間くらい生理周期が定まりません。半年前から不妊専門院に行き…

質問:
2年間くらい生理周期が定まりません。この所の周期が、40日、 38日、 27日、 33日、 28日、 36日です。半年前から不妊専門院に行き、セキソヒ゛ットとタイミンク゛治療をしました。検査は異常はなし。ただし、高温期に採血でのホルモン検査はしない病院でした。二ヶ月前からお休みしています。基礎体温はほとんど測っていません。一般的には、高温期は14日+-2日と言われているようですが、低温期が長いということですか。卵が育ちにくいなども原因の一つでしょうか。女性の身体の仕組みを理解出来てなく情けないです。もう一度病院に行けばいいのでしょうが、いろいろあり、病院に行く勇気がでません。よろしければアト゛ハ゛イスなど教えて下さい。

答え:
女性であってもご自分の身体について知らないことが以外に多いものです。通常の生理周期は28日前後、基礎体温表では13日前後の低温期と10日以上の高温期の2層性を示すといわれますが、実際にはかなりばらつきがあるようです。不妊治療の中で受けられた検査内容やご自身の年齢等が不明なため判断が難しいところですが、排卵誘発剤とタイミング法による治療は子宮、卵巣、卵管などに特に異常がみられない場合に第一ステップとして行われる一般的な不妊治療で、年齢が35歳以下の方に適用することが多い治療です。通常はこの治療を何度か繰り返し妊娠にいたらない場合は体外受精(IVF)、顕微授精(ICSI)など高度生殖医療(ART)とステップアップしますが、年齢や症状によっては早い段階からARTを行う場合もあります。

病院へ行く勇気がない、、、ということですが、妊娠を希望するのであれば、排卵日の2日前にタイミングを取るのがもっとも妊娠する確率が高いとされています。

問題は2日前をどう知るかです。その方法はいくつかあります。

1)基礎体温を付け、排卵日を予測する
2)排卵検査薬を使う
3)子宮頚部の位置を自分の指で確認する (排卵前に子宮頚部はさらに奥へ引っ込むのと、精子を迎え入れるため、柔らかくなります。

よろしければ私のオールアバウトの記事も参考にしてください。
妊娠しやすい時期と正しいタイミング法について

アキュラ鍼灸院
院長 徐 大兼

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ブログランキング


アキュラブログでは、「妊活・不妊鍼灸治療」カテゴリーにて以下のブログランキングに参加しております。
記事の内容がお役にたてた場合は、以下のバナーをクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

健康と医療(不妊)ランキング
健康と医療(不妊)ランキング

妊活ランキング
妊活ランキング
PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ