ENGLISH
 お問い合わせ    

無料メール配信サービス(1か月分のブログをまとめてお届け)

当院では毎週、妊活や妊娠中に役立つ内容をブログで配信しております。
毎月10日に、前月に更新したブログのタイトルとその見出しを、まとめてお知らせするメルマガ配信サービスを配信しております。ブログを毎回チェックするのが面倒、まとめて読みたいなど読者からの声を反映し、皆様のお役に立てればと思ってます。また、当ブログで最も読まれた過去の記事を月間アクセスランキングとして発表しております。メルマガ配信サービスをご利用になるには、下のボタンをクリックしてご登録ください。

\メルマガの解約はいつでも簡単にできます/
無料メルマガにいますぐ登録

FSHが高く、排卵誘発にも全く反応しません

質問:

「FSHが高く、排卵誘発にも全く反応しません。ピルを飲まないと生理も来ません。
鍼灸ではこのような症状に対応可能なのでしょうか?  」

答え:

西洋医学は科学に基づいた医学です。ということは、科学的な検査(血液検査、MRI、X線)で異常がなければ治療のしようがありません。

裏をかえせば、運良く(?)異常が見つかれば治療ができるということです。見つかった異常に対して治療をしていくことを対症療法と呼びます。

FSHが高いなら→FSHを下げるホルモン療法、

黄体機能不全なら→黄体ホルモンの補充、

排卵していないなら→ 排卵誘発剤というように。

しかし、なぜFSHが高いのか?なぜ黄体機能不全なのか?なぜ排卵しないのか?その根本の問題まで考慮し、問題のない体にする方法はないのが現状です。というのは、そのような異常を起こす因子は複雑に重なっているので、原因を科学的に特定するのは不可能だからです。

一方、東洋医学では、症状によって治療を変えるというより、体質によって治療を変えていきます。なぜFSHが高いのか?なぜ黄体機能不全なのか?なぜ排卵しないのか?その原因は、一見卵巣と関係のないところにあることも多いのです。

東洋医学、鍼灸治療では、良質な卵が作れない原因となっているものを取り除いたり、改善したりすることが可能ですので不妊治療を専門としている鍼灸院へ是非一度ご相談されてみてはいかがでしょうか?

アキュラ鍼灸院 ファティリティーウェルネス
院長 徐 大兼

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ブログランキング


アキュラブログでは、「妊活・不妊鍼灸治療」カテゴリーにて以下のブログランキングに参加しております。
記事の内容がお役にたてた場合は、以下のバナーをクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

健康と医療(不妊)ランキング
健康と医療(不妊)ランキング

妊活ランキング
妊活ランキング
PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ