漫画「夜廻り猫」がカウンセラーだったら

臨床心理士 生殖心理カウンセラーのShiro Hirayama先生の講義を拝聴させていただいた時、その中で話題にでてきた漫画「夜廻り猫」。”ひとり泣く人によりそう夜廻り猫の遠藤平蔵”。ツナ缶をかぶった遠藤平蔵は涙のにおいを嗅ぎ分、その涙の理由を聞いてくれる猫なのです。これは、猫がカウンセリング的なお助けをする8コマ漫画です。直接な援助はしていないけど、話を聞いて、その人が自分の歩むべき道を進む援助をしている様子がうかがえます。漫画なので、まったくカウンセリングになってないこともあったりするのですが、夜廻り猫がカウンセラーだったらと思いながら読むと、一味違った読み応えがあります。

アキュラ鍼灸院
院長 徐 大兼

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

記事がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次