ENGLISH
 お問い合わせ    

行動パターンを変えて – 悩みから一歩踏み出す

今年も残すところあとわずかになりました。本当に一年は早いものです。
2015年も、多くの患者様との出会いがありました。

当然のことながら、患者様は何かしらのお身体の不調やお悩みがあって、鍼灸院を訪れるわけですが、それらが改善し、共に喜びを感じることもあれば、なかなか改善の兆しや良い結果が出ず悩むことも多々ある日々でした。
患者様ご本人、治療に携わる医師、私たち鍼灸師、それぞれが力を合わせて現状の改善に全力で取り組んでいますが、それでもなかなか結果がでないことに日々不安を抱き、悩んでいる方のお気持ちが少しでも楽になる方法はないのかと常に考えます。

今回は、悩みから一歩踏み出すひとつの試みとして、私自身が実践している「行動パターンをかえてみる」ことを患者様にもお勧めしたいと思います。

私たちは、知らず知らずのうちに、ある一定の行動パターンで毎日を繰り返しています。
同じ時間に寝起きして、同じルート同じ方法で職場に向かい通い、食事も似たような傾向で選んだり食べたりする傾向があります。
皆それぞれが癖、習慣をもち、その中で心身ともに健康で安心して生活できていれば問題はないのですが、不安や悩みを抱えているときは、もやもやイライラしたり、なかなか寝付けない日もあります。そんな時は「気持ちを切り替えなきゃ」と思います。
頭の中で解決方法をぐるぐる考えます。しかし、頭では分かっているのですが、なかなかできない、答えが見つからないと悩みの深みにはまってしまうこともあります。

そんな時は、心を少しを柔軟にして、気持ちを変えようとするより、行動パターンを変えてみる。
行動を変えると、自然と気持ちも変わります。
いつもと違う道を歩くだけでも、目に飛び込んでくる景色、印象が変わります。
いつもより早起きしてみる。
気になっていた場所に出かけてみる。
どうしているかな?と思っていた友人に連絡をとってみる。
今話題の映画を観に行ってみる。
挑戦してみたかった趣味を始めてみる。

新しい人やものとの出会い、経験から自分自身も、かたくなになっていた自分の思考や悩みがほどけてき、新たな気づきや堂々巡りの思考から解放された経験が過去に何度もあります。

こころとからだは表裏一体。お互いが影響し合い、長期にわたる不安や悩みは体にも悪影響を及ぼします。思いがけない出来事をきっかけに、気持ちが切り替わることもありますが、自らの意志で、自分の行動パターンを変えることにより、自然と気持ちが切り替わるのを待ってみてはいかがでしょう。

勇気を出して一歩踏み出すことで、前とは違う新しいなにかが待っている事は確かです。
新しい年を迎えるのを機に、試してみてはいかがでしょうか。

鍼灸師 中嶋恵子

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ