ENGLISH
  03-5469-0810    

「ネウボラ」って知っていますか?

昨年あたりから、新聞やテレビのニュースなどでたびたび耳にする「ネウボラ」という言葉を皆さんはご存知ですか?
「お母さんにやさしい国ランキング世界1位」にも選ばれたフィンランドでは子ども・家族のための切れ目のない支援体制、「ネウボラ」が地域の拠点として整備されています。
日本においても、妊娠から子育て期までの包括的な支援として、モデル事業が関東圏では世田谷区、文京区、埼玉県和光市、千葉県浦安市などで始まっていますが、より多くの方に知っていただくことで関心を持つ方が増え、さらに多くの自治体でモデル事業が推進されることを願い紹介します。

「ネウボラ」とは、フィンランド語でネウヴォneuvoが「アドバイス」、ラlaが「場所」場所という意味で、子育てに必要なアドバイスや支援を受けられる場所のことで、現在ではフィンランド全国に800か所以上、すべての自治体に設置されています。

利用はなんと無料!日本の場合、妊娠中は病院で検診を受け、出産後は保健所で赤ちゃんの検診、育児の悩みは子育て支援センターと、それぞれ別の場所に行くことになっていますが、フィンランドでは、妊娠期も出産後も検診は同じネウボラで受けられ、就学前まで必要な支援をワンストップで得られます。

ネウボラに通い始めるのは、まず妊娠が分かったとき。
妊娠の兆候があったら病院ではなく、自分の地域のネウボラへ向かいます。健診は無料で、妊娠中は6~11回通い、母子の医療的なチェックだけでなく、妊婦の不安や悩み、さらには家族の状況まで30分から1時間かけて丁寧に行います。

しかも、担当制になっているため、基本的には妊娠期から子どもが小学校にあがるまで、同じ保健師 ( 通称「ネウボラおばさん」) が継続的にサポートをするので、お互いに信頼関係が築きやすく、問題の早期発見、予防早期支援につながっています。また、医療機関の窓口の役割もあり、出産入院のための病院指定、医療機関や専門家の紹介もしてくれます。
さらに妊娠してネウボラに行くとフィンランド政府から総額4万円以上の品物が入った育児パッケージが無償で送られます。なんと手厚い支援でしょうか!

女性にとって、妊娠、出産、育児どのステージにおいても、不安や悩みを抱かない人はいません。身近な場所で、妊娠前、妊娠中からの相談から出産・育児まで自分をよく知り、継続的に心身のサポートをしてくれる場所がもしあったら、どれだけ多くの女性が安心でき、救われることでしょう。

日本では、まだごく一部の自治体で始まったばかりですが、結婚前、妊娠前からこのような制度があると知っただけでも、子供を産み、育てるという事に対して、心の準備の支えになるのではないかと思います。
少子化対策にもつながるかもしれません。今後、もっともっと多くの「日本版ネウボラ」が設置されますように!

鍼灸師 中嶋恵子

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
  03-5469-0810