ENGLISH
 お問い合わせ    

転院院を考えているけど、、、どこのクリニックがお勧めですか?

Taiken Pic

こんにちは。院長の徐です。

Question?

渋谷区在住です。職場は世田谷です。AMHは1以下です。転院を考えているけど、、、、、どこかお勧めのクリニックを教えてください。

Answer.

転院する点でまず考慮に入れたいのが通院時間と距離です。職場から近い・自宅から近いなど利便性のよいところがいいです。都内であれば、現在ではたくさんのクリニックのなかから自分にもっとも適したクリニックを選ぶことができます。

AMHの値が低い場合、私は自然周期の採卵、もしくは出来限り低刺激で採卵を行うことが可能なクリニックをお勧めしています。

最近では加藤クリニック系列のクリニックで経験を積んだ医師が各地で開業しています。このクリニックの特徴は排卵誘発の刺激がとても弱いことです。たとえば、クロミッドより比較的刺激が弱いとされているフェマーラを服用し、HCG注射の代わりにスプレキュアを使うなど、低刺激の採卵にこだわっています。量より質といった感じでしょうか。

それに比べ、その他のクリニックでは強めに刺激をして、できるだけ多く採卵することを主眼においています。数が多ければ、それだけ確立が上がる、、といった考え方です。

どちらが正しい、どちらが正解、、、とは言いがたいです。妊娠・出産にいたれば、それがベストですから。

しかし、AMHの値が低い人には、私は強い刺激はかえってマイナスなように思います。排卵誘発剤はやはりカラダにとって、強力な薬です。患者様のお脈を拝見していても、その違いは如実にわかります。ですからあまり採卵できる数が期待できないような人は、できるかぎり刺激の少ない採卵周期が望ましいと考えています。

強い刺激をしても、採卵できる数は限られてしまいます。
空砲が増えてしまうこともあります。

もちろん、刺激をしないと採卵できない、といった可能性もあります。

なかなか難しい問題ですが、最終的はお身体の状況にもよると思います。

AMHが低くても、体調がよい場合は刺激にしっかりと対応できたりすることもあります。

迷っている場合は、担当鍼灸師に相談してみてください。

院長 徐 大兼

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ