ENGLISH
 お問い合わせ    

無料メール配信サービス(1か月分のブログをまとめてお届け)

当院では毎週、妊活や妊娠中に役立つ内容をブログで配信しております。
毎月10日に、前月に更新したブログのタイトルとその見出しを、まとめてお知らせするメルマガ配信サービスを配信しております。ブログを毎回チェックするのが面倒、まとめて読みたいなど読者からの声を反映し、皆様のお役に立てればと思ってます。また、当ブログで最も読まれた過去の記事を月間アクセスランキングとして発表しております。メルマガ配信サービスをご利用になるには、下のボタンをクリックしてご登録ください。

\メルマガの解約はいつでも簡単にできます/
無料メルマガにいますぐ登録

「先を読んで気づく」事の大切さ。

最近,アキュラ鍼灸院ではチーム制を導入して、これ迄よりもっともっと患者樣方に好きになっていただける様あらゆる取り組みをしています。
その中で私はチーム「いいね!」に属しています。
チーム「いいね!」とは、沢山の患者樣方に「いいね!」と言って頂けるアキュラを目指し,その為にはまずスタッフが自分の職場に「いいね!」って親指が立てられる様な、誇りが持てて気持ちよく働ける場所であると確認出来ることを目的としたグループです。
その中の取り組みとして、先日チーフアシスタントの橋本佳奈さんがスタッフからの多くの「いいね!」を獲得、表彰されました。
acura acupuncture clinic blog「いいね!」と言っても特別な事ではありません。彼女が多くのスタッフに「いいね!」と思われたのはまずは「積極性」でした。
アキュラ鍼灸院はこれまでもスタッフのちょっとしたアイディアで常に改革を重ね今に至っていますが、その中でも橋本さんは次々と佳かれ,不採用であれ,いつも改善方法を考えて意見を積極的に述べる、そしてその沢山の気づきはこれからちょっと先、何が起こるだろう?と言う発想,予測をした上での「先手」です。
先回りして、トラブルを未然に防ぐ、不快感を与えない、相手が口にする前に欲しいかなぁ,と予測して供給する。
要するに甘い見通し、「想定外」を作らないようにする。
そんなの当たり前の事だよ!と思う方もいらっしゃるかもしれません。が、そんな当たり前の事がナカナカ出来なかったりするのです。分っていても実際の行動が伴わず気がつけば追われてアタフタしてしまう事がむしろ多いのが現状である,と言うのは私だけでしょうか?(あ,私だけでしたか...(汗)
先日私は父を車椅子に乗せて病院に連れて行ったのですが、予約時間が来て入室を促されましたが入り口がカーテンや引き戸式でない,押す式のドアであった為に入室が困難でした。なのに医師は気づかない振りをしているのかこちらを見ずにコンピュータスクリーンを眺めていました。私はそのまま立ってその50代後半とお見受けする医師がどう言う行動をするのか待っていたら,彼は嫌々感を全面に醸し出して立ち上がりドアを押さえ私達の入室を促しました。
そこは都内でも結構知られている病院で、建物も新しくなってから10年程しか経っていないはずですが、車椅子の人が入室し難い構造、入室が難しいのなら、少しでもし易くなる様な医療人の患者に対する配慮が欠損している、と感じました。そしてそれは病院や治療院だから,治してあげるんだから許される,という事ではないと思うんです。わざわざ来院下さるには理由がある。病状が,症状が辛いから何とか治りたい,という気持ちで来て下さる、そしたら自分には何が出来るだろう,どうしたら少しでも楽になって頂けるだろう?そう言う気持ちが「先手」になり、自然と患者の為にドアを開ける事だって出来るだろう、と強く感じました。
さて、私はアキュラ鍼灸院に入ってすぐ院長に教わった事があります。それは、鍼をした後少しそのままお休み頂いている時,患者樣がお体を動かし始めたら、その姿勢が辛くなっているかもしれないので声がけをして辛くないか,何か必要なものは無いか伺う様に。ちょっとした咳払いにも耳を澄ませてキャッチ出来る様、お水やのど飴を直ぐにお持ちする配慮が出来る様アンテナを常に張っている事。
そうした細かい配慮も出来ない医療人に人の痛みや辛さが理解出来る筈もない、そんな気がします。
相手の気持ちの少し先を見て行動する、気づける自分を鍛えてゆく。
「治療する」以前に「お体を診させて頂く」心構えがまずないと,いやそれ以前に「気づき」が出来る自分になって初めて医療人の一員として鍼灸師、アシスタント、受付として従事させて頂けるんだ、とチーム「いいね!」として「いいね!」賞のまとめをしながら深い思いを抱きました。
鍼灸師 大西葉子

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ブログランキング


アキュラブログでは、「妊活・不妊鍼灸治療」カテゴリーにて以下のブログランキングに参加しております。
記事の内容がお役にたてた場合は、以下のバナーをクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

健康と医療(不妊)ランキング
健康と医療(不妊)ランキング

妊活ランキング
妊活ランキング
PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ