ENGLISH
 お問い合わせ    

無料メール配信サービス(1か月分のブログをまとめてお届け)

当院では毎週、妊活や妊娠中に役立つ内容をブログで配信しております。
毎月10日に、前月に更新したブログのタイトルとその見出しを、まとめてお知らせするメルマガ配信サービスを配信しております。ブログを毎回チェックするのが面倒、まとめて読みたいなど読者からの声を反映し、皆様のお役に立てればと思ってます。また、当ブログで最も読まれた過去の記事を月間アクセスランキングとして発表しております。メルマガ配信サービスをご利用になるには、下のボタンをクリックしてご登録ください。

\メルマガの解約はいつでも簡単にできます/
無料メルマガにいますぐ登録

水道水について心配しておられる妊娠・授乳中女性へ

東日本大震災から3週間たちました。


日に日に余震は少なくなってきたものの、以前として原発の問題はおわりがみえず、不安に感じている方が多いと思います。

そのような中、先日東京都の浄水場で、1リットルあたり210ベクレルの放射性物質が含まれていることが分かり、食品衛生法で暫定的に定めた、乳児の飲料水としての指標値を超える濃度とのことで、乳児は水道水を飲むことを控えるようにとの報道がありました。

生きていくうえで、水は必要不可欠です。

大気汚染よりも深刻な問題と感じた方は沢山いらっしゃると思います。

それに対し、日本産科婦人科学会は水道水について心配しておられる妊娠・授乳中女性へのご案内を発表しました。

http://www.jsog.or.jp/news/pdf/announce_20110324.pdf

その内容は、

今回検出された数値よりも放射性物質の濃度が高い500ベクレルの水道水を、280日間の妊娠期間中に毎日飲んだ場合の被曝(ひばく)量は約4ミリシーベルトで、母乳に分泌される量はその4分の1程度。

どちらも胎児に影響が出るとされている50~100ミリシーベルよりかなり低く、現時点では妊娠・授乳中の女性が妊娠中・授乳中女性が軽度汚染水道水を連日飲んでも母体や胎児、乳幼児に健康被害は起こらないと推定されるようです。

ただし、

汚染された水道水以外の飲み水を使用できるのであればその利用をお勧めします、とのこと。

また、妊婦は脱水症状に特に注意する必要があるため、のどが渇いた場合に我慢しないこと、

今後も水道水の放射性物質汚染(ベクレル値)には注意が必要、として被ばく量の計算の方法を示しています。

色々な情報が錯綜し、不安になることも多いと思います。
しかし、この日本産婦人科学会の情報から計算してみると、国が基準とする数値はかなり安全ということがわかるとおもいます。

今後も正しい知識を身につけて、

自分で冷静な判断をし行動していくことが大切になってくるのかもしれません。



鍼灸師 石橋 朋子


関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ブログランキング


アキュラブログでは、「妊活・不妊鍼灸治療」カテゴリーにて以下のブログランキングに参加しております。
記事の内容がお役にたてた場合は、以下のバナーをクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

健康と医療(不妊)ランキング
健康と医療(不妊)ランキング

妊活ランキング
妊活ランキング
PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ