ENGLISH
 お問い合わせ    

命の誕生は、まさに陰陽そのもの!

この模様見たことありますかはてなマーク
見れば見るほど、受精卵に見えてきませんかはてなマークはてなマークひらめき電球おねがい

これは、東洋哲学の陰陽論を象徴する 「太極図」 というものです。
『陰陽論』 とは、すべての事象は2つの側面からできていて、どっちの側面も欠かせないという考え方です

2匹の おたまじゃくし が絡みあってるみたいですよねカエルキラキラ
といっても、今回は、見た目だけの話ではありませんよてへぺろ

は、太陽....のように、

見えるモノだけではなく、見えないモノの状態や性質も 二極に分けることができます。
受精卵は、卵子(陰)精子(陽)の結合によって生み出されます。

精子が卵子に出逢えるまでのドラマチックなレースの中でも、陰陽の原理がたくさん見受けられるので挙げてみますね流れ星

まずは精子を“陽”としてみましょう。
陽である精子の特徴としては、

外側にある精巣で造られた精子は外界発射され、ハイパーアクチベーションの働きで急速に能動的に動き、ミトコンドリアを積んだロケットのような形でキャパシテーションで受精能力を獲得していき、さあ卵子の玄関先まで着いたぞ、となったら、爆発性の先体反応で卵子に突入していきます。そして、精子自体は若くして死んでしまいます。

対して卵子を“陰”としてみると、陰である卵子の特徴としては、自分で動かず、ただじっとして精子の来訪を受動的に待っていて、栄養分が詰まっていて充実しています。
卵子は胎児の頃から卵巣の内側に永い間存在しています

である男性側の精子の特徴も
である女性側の卵子の特徴も

まさに陰陽の原理そのものなんですね!!

受精した細胞は、12週の間で進化の歴史をたどるように分割の旅を始めますウシシ

1日目ににわかれ、
2日目ににわかれ、
3日目には8分割にわかれ、
4日目には桑実胚という球体になり緻密化が進みます。

内側らかくなり、外側くなります。
そして、平らな円盤を境とした「胚盤胞」が形成されるのです。

外胚葉内胚葉に分化した胚盤胞は、それぞれの器官へと成長していきます。。。。。にやり

命の誕生には、陰陽のバランスがとても大きな影響を与えますグッ

どちらかに偏ってるなあ、と感じるようでしたら、陰の要素を生活に積極的に取り入れてみたり。。。にんじん

陽の要素を控えてみたり。。。ハンバーガー

逆もしかり。。。

日々の暮らしの中で、少し意識してみると良いかもしれませんねウインクルンルン

鍼灸師 髙田 健太

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ