ENGLISH
 お問い合わせ    

無料メール配信サービス(1か月分のブログをまとめてお届け)

当院では毎週、妊活や妊娠中に役立つ内容をブログで配信しております。
毎月10日に、前月に更新したブログのタイトルとその見出しを、まとめてお知らせするメルマガ配信サービスを配信しております。ブログを毎回チェックするのが面倒、まとめて読みたいなど読者からの声を反映し、皆様のお役に立てればと思ってます。また、当ブログで最も読まれた過去の記事を月間アクセスランキングとして発表しております。メルマガ配信サービスをご利用になるには、下のボタンをクリックしてご登録ください。

\メルマガの解約はいつでも簡単にできます/
無料メルマガにいますぐ登録

葛根湯について

立春も過ぎ暦の上では春になりましたが、まだまだ寒い2月。風邪のシーズンでもあります。
風邪を引いたら葛根湯、1番身近な漢方薬の一つではないでしょうか。

でも、飲んでみたのに効かなかったことありませんか?
実は葛根湯、タイミングとその時の症状がとても大切な漢方薬です。

今日はそんなお話をします。

葛根湯は1800年前の中国後漢の時代(日本では何と邪馬台国の卑弥呼の時代です)の傷寒論(しょうかんろん)という医書に載っています。

葛根湯の適応は

『太陽病、項背(こうはい)強ばること几几(きき)、汗無く悪風(おふう)するは
葛根湯之を主る(つかさどる)』

とされています。

少し表現が難しいので解釈を。太陽病とは簡単に言えば風邪のひき始めです。
そして項背、つまりうなじから上背にかけて凝りやこわばり感がある。
無汗とは汗ばんでいないこと、悪風とはちょっとした風をも嫌って布団を頭からすっぽりかぶっているような状態です。

ポイントは
①寒気
②こわばりや痛み(頭痛やうなじの痛みでなく関節痛や筋肉痛であっても良い)
③肌がサラッと乾いている、の3つです。

この3つが揃っている風邪の、しかも引き始めに葛根湯は効果的だということです。
葛根湯は短期決戦の処方です。飲んでもせいぜい3日間程度でしょうか。その後は風邪の段階が変わるので他の漢方薬の適応になります。

風邪を引き始めたその日、その時が勝負です。

お白湯で服用ししっかり体を温めて発汗すればスッキリ、風邪は汗と共に去りぬ。
飲むタイミングが合えば切れ味鋭い効果の葛根湯です。

ただ、服用しても効果がない、体力のないお年寄りや子供が飲む、気になる症状がある場合などは医師にご相談くださいね

春はもうすぐ。

この寒さも元気に乗り切りましょう!

鍼灸師 村越

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ブログランキング


アキュラブログでは、「妊活・不妊鍼灸治療」カテゴリーにて以下のブログランキングに参加しております。
記事の内容がお役にたてた場合は、以下のバナーをクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

健康と医療(不妊)ランキング
健康と医療(不妊)ランキング

妊活ランキング
妊活ランキング
PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ