ENGLISH
  03-5469-0810    

ため息ばかりついていませんか? そんなあなたに。。。

夏の暑さが少し落ち着いた今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか?

お仕事をお持ちの方は、楽しみにしていた夏休みも終わり、会社に戻って普段の
ストレスの多い生活に逆戻りでしょうか?
あるいは夏休みでバッチリ休んだ分、仕事が山積み!!なんていう方もいらっしゃるかもしれません。

前回の私のブログでは東洋医学的な考え方について少しご紹介しました。
今回は引き続き、より深く東洋医学についてお伝えする予定でしたが、
ストレスが重なってきたであろうこの時期にとっておきのドリンクをご紹介することに致しました。
東洋医学的な考えは随所に盛り込ませていただきます!
さてさて、そのドリンクは、、、、皆さまもよくご存じのジャスミンティーです!!
最近ではコンビニでも売られているので飲んだことがある人は多いと思います。
ジャスミンティーは東洋医学的に考えても実はストレス発散に最適であることが言われているのです。

前回のブログで簡単にお伝えした通り、人間の体の中を廻っている『気』というものが滞ってしまう状態を
『気滞』と呼ぶとお伝えしました。ストレスは『気滞』になる大きな誘因のひとつでもあります。

本来は滞りなく流れていて、体を温めたり、外からの外的から体を守ってくれているはずの『気』の
流れが悪くなると、色々な症状が現れます。

 例えば、ストレスで気滞が生じている場合は、気が滞りやすい 『季肋部』といわれる、
お腹の肋骨の下の部分を押えられるととってもいやな感じがします
まさにそこで気が滞っているが故の痛みです。

そんな時は、流れの悪い気を流そうとして、本人の自覚なしにため息をついたりして、気を流すお手伝いを
していたりします。
ここ最近、思わずため息ばかりついてしまっているそこのあなた、もしかしたら気が滞ってしまっているかも
しれません。

そんな時はぜひ、ゆっくりとジャスミンティーを飲んでみて下さい。
香りのつよいジャスミンティーは、薬膳では気の流れを促してくれる作用があるのです。

  その上、食べ過ぎてしまった場合には消化を助けてくれたり、口臭予防の効果もあります。
女性に嬉しいことに、気を巡らせてくれるが為に、月経前症候群(PMS)や更年期の症状にも良いと
いわれているのです!
一石二鳥、いや、三鳥どころではないですね。

ため息ばかりついているような日々には、ぜひゆったりとした気分で温かいジャスミンティーを試してみてはいかがでしょうか?

鍼灸師 岩崎

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
  03-5469-0810