ENGLISH
 お問い合わせ    

京野アートクリニックでトリガーとして利用するルクリンについて

日本では自然周期といって、ほとんど刺激をしないで採卵するクリニックが多数あります。その代表は加藤レディースクリックと系列クリニックです。しかし、一般的には(海外では)、一回の採卵でできるかぎり卵子はたくさん確保します。採卵を行う前に、できるかぎり成熟した卵子をたくさん採卵したいので、成熟を促す薬を使います。
その薬の事をトリガー(引き金)と呼びます。この引き金の使い方が過剰だと、卵巣がパンパンに腫れ上がってしまう、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)を起こします。

トリガーとして従来のhCGを利用してOHSSを起こした方、もしくはPCOSがある方はトリガーの工夫が必要です。その工夫とうのが、トリガーにhCGではなくGnRHアゴニストを使用することです。

京野アートクリニックではルクリン(=リープロレリン注射)を使います。
また、場合によってはオビドレルという遺伝子組み換え型のhCGと組みわせることもあります。

京野アートクリニック鍼灸ルームでは患者様の疑問・質問にお答えしております。
ドクター、ナースに聞けなかったこと、分からなかったことがあれば、相談してください。
(答えられない場合は調べて必ず回答します。)

治療の不安をなくし、できる限り前向きに妊活に取り組めるようサポートします。

京野アートクリニック鍼灸ルーム 徐 大兼

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ