ENGLISH
  03-5469-0810    

更年期障害と鍼灸治療

更年期障害とは?

更年期障害は閉経前後の女性ホルモンの急激な減少によって生じるホルモンのアンバランスが原因と考えられていますが、その中でも日常生活に差しつかえるものを言います。様々な症状が出ますが、生活環境や個々の性格なども大きく影響を及ぼすと考えられています。

更年期障害による症状

更年期障害の症状としては下記の様なものがあります。

血管運動神経系 ほてり、のぼせ、ホットフラッシュ、冷え性、息切れ、動悸
精神神経系  頭痛 めまい、不眠、 耳鳴り、イライラ、不安・恐怖、もの忘れ、疲労感、うつ
運動器官  肩こり 腰痛、関節痛、骨粗鬆症
消化器官 吐き気、嘔吐、食欲不振、偏食、過敏性腸症候群、胃、十二指腸潰瘍
皮膚、粘膜 汗、冷や汗、口の渇き、唾液分泌が増、皮膚のかゆみ、脱毛、白髪、円形脱毛症
泌尿器系 頻尿、残尿感、失禁
婦人科 月経異常、閉経、おりもの、外陰部のかゆみ、性生活の障害
その他 肥満、高血圧、動脈硬化、糖尿病、うつ病、老眼、白内障

更年期障害がおこる原因

成熟期の月経周期をスムーズにコントロールしている性ホルモンは、卵巣から分泌される卵巣ホルモン(卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロゲン))があります。
卵巣では間脳の視床下部—脳下垂体から分泌されるゴナドトロピン(卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH))の刺激をうけて卵細胞の発育、排卵が行われるとともに、卵巣ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンが分泌され子宮内膜に働きかけると同時に、血液を通って視床下部のホルモン中枢に働きかけチェックされ、ホルモン量が少なければFSH、LHを増すように、多すぎるならばFSH、LHを減らすようにと脳下垂体に向かって命令し調節を行います。
このように成熟期の女性の体内では一定のサイクルで性ホルモンが働き月経や妊娠が行われています。
しかし、更年期になると卵巣の機能が低下しエストロゲンの分泌量が減少し、中枢に働きかけるホルモンの抑制機構が働かないためFSH、LHがさらに増えてしまうという成熟期にはみられなかったホルモンのアンバランスが生じてきます。
バランスが乱れることによって、自律神経の中枢が下垂体のすぐ近くにあるため、自律神経が影響を受けてしまい自律神経のバランスも崩れやすくなり更年期障害の多くは  自律神経失調症が起こります。
病院の検査で原因や病気は特になく、症状も一定せず、症状の出方にも波があります。不定愁訴といい、更年期の症状の大きな特徴といえます。

鍼灸治療の効果

更年期障害の主な症状はホルモンのアンバランスから生じていると上記で述べているとおり、このアンバランス(不均衡)を是正することによって、症状の改善を期待できます。
鍼灸治療は自律神経系の機能を調整して、内臓の働きを整えたり、血圧を整えたりすることが科学的に証明されております。
体の細部にわたって、血液等の流れを促進して疲労の早期回復、各細胞への酸素や栄養分の供給を良くする働きがあることも解明されております。
また、筋肉の緊張を緩めて、 肩こりの解消やリラクセ-ション効果を得ることも可能です。
更年期障害といえば、患者さまにより症状も異なってきますので体質や悩みなどを詳しくお伺いしながらお一人お一人にあった治療を行っていく必要があります。
ほとんどの方は治療後、体がポカポカして「ふわっ」としたここちよい気持ちでお帰りになるようです。

 

* * *

 

各疾患と鍼灸治療について

鍼灸適応疾患一覧
神経系
運動器系
消化器系
  • 胃炎
  •  逆流性食道炎
  • 胃下垂症
  • 胃酸過多症
  • 胃痙攣
  • 十二指腸潰瘍
  • 食欲不振&口内炎
  • 消化不良
  • 慢性肝炎
  • 胆石症
  • 慢性腸炎
  • 便秘
  • 下痢
  •  痔疾など
循環器系
内分泌系
呼吸器系
泌尿器系
  • 前立腺肥大
  • 慢性腎炎
  •  膀胱炎
  • ネフローゼ
  • 頻尿多尿
  • 尿道炎など
感覚器系
婦人科系
小児科系
  • 小児喘息
  • 夜尿症
  • 夜泣き
  • かんの虫
  • 消化不良
  • 虚弱など
その他
PAGE TOP
ENGLISH
  03-5469-0810