冷え性・冷え症と鍼灸治療

冷え性・冷え症とさまざまな症状

冷え性・冷え症は絶えず腰や足、手などが自覚的に冷え、血管神経の異常に敏感な人に多いと言われてます。

特に虚弱体質で貧血の人、骨盤内臓器に疾患のある人、水分過剰の人、胃腸が弱くて全体的に元気の乏しいい人、先天的体質的に精力不足の人などに起こりやすいと言われてます。

冷え性・冷え症のひどい女性の多くは腰痛めまい、のぼせ、下腹部痛、不眠症、不感症などの神経症状や下腹部の冷えにより、便秘や下痢、食欲不振などの消化器系障害から貧血、 低血圧などの循環器系障害、自律神経機能の失調やホルモン分泌障害などのさまざまな不快感と常に向き合ってます。

冷え性・冷え症と鍼灸治療・東洋医学

腰やお尻にスースーと風が吹き込むように感じる人や、膝がいつも冷たく感じるひと、手足や足の裏が氷の中にいれたように冷えきっている人など、感じ方は様々です。

現代医学ではこれに対する治療法がほとんど見当たりませんが、鍼灸治療・東洋医学と日常生活上でのちょっとした気遣いによって、かなり改善する場合が多く見られます。

冷え性・冷え症とさまざまな症状

冷え性・冷え症を鍼灸で治療する場合は、冷え性・冷え症だけでなく、それに付随していた症状の消失、または著しい改善が期待できます。

ただし、1回や2回の治療での治癒は不可能で、ある一定の期間を要します。

冷え性・冷え症にて治療を受ける場合は3ヶ月から4ヶ月通うつもりで来院していただければ、すばらしい効果を体感できると思います。

 

* * *

 

鍼灸適応疾患一覧
神経系
運動器系
消化器系
  • 胃炎
  • 逆流性食道炎
  • 胃下垂症
  • 胃酸過多症
  • 胃痙攣
  • 十二指腸潰瘍
  • 食欲不振&口内炎
  • 消化不良
  • 慢性肝炎
  • 胆石症
  • 慢性腸炎
  • 便秘
  • 下痢
  • 痔疾など
循環器系
内分泌系
呼吸器系
泌尿器系
  • 前立腺肥大
  • 慢性腎炎
  • 膀胱炎
  • ネフローゼ
  • 頻尿多尿
  • 尿道炎など
感覚器系
婦人科系
小児科系
  • 小児喘息
  • 夜尿症
  • 夜泣き
  • かんの虫
  • 消化不良
  • 虚弱など
その他

最近の投稿

 

アキュラ鍼灸院へのアクセス

[渋谷駅より]
宮益坂口より徒歩6分、
13a出口より徒歩4分
[表参道駅より]
B2出口より徒歩8分