ENGLISH
 お問い合わせ    

逆子治療(逆子の鍼灸治療について)

逆子について(骨盤位)

通常、お母さんのお腹の中で赤ちゃんの骨盤は上方にありますが、逆子になると下方に赤ちゃんの骨盤がある状態になります。
この骨盤位の状態を通称”逆子”と呼んでいます。
逆子(骨盤位)の発生頻度は以下の通りです。

  • 25〜28週(7ヶ月). . . 30.2%
  • 29〜32週(8ヶ月). . . 22.0%
  • 33〜36週(9ヶ月). . . 13.6%
  • 37週以降(10ヶ月). . . 4.3%

33週までは、お腹の中で赤ちゃんの自己回転が可能と言われており、概ねほとんどの逆子は何もしなくても自然に正常位に戻ると言われています。 逆子(骨盤位)の原因については、臍帯の巻き付きや子宮筋腫など、環境や胎児自身に原因を求めるものもありますが、大部分は原因不明と言われています。
東洋医学的には、冷え、気血不足、気の滞り、胃腸の不調など、様々な原因があると考えます。

アキュラ鍼灸院の逆子治療(逆子鍼灸)

アキュラ鍼灸院独自の逆子治療メソッド

逆子の鍼灸治療を開始する最適な時期は、妊娠28週〜32週です。
アキュラ鍼灸院では三陰交や至陰といったオーソドックスなツボに加え、当院独自のメソッドで子宮緊張を緩和さるなど、有効的な逆子治療を行っています。また、超音波診断装置で胎児の安全確認、位置の確認を行い、治療の方法やご自宅で寝るときのポジションを確定させます。

逆子治療開始直後より、赤ちゃんの胎動が感じられ、その場で回転することも稀にあります。2〜3回の治療で約60%の逆子が回転しますが、3回目でも回転しない場合は4回目の治療を行い、必要に応じて更に鍼灸治療を継続するかどうか決めます。

逆子治療でもっとも大切なのは通院頻度・間隔です。4回目までの治療をできるかぎり間隔を詰めて(できれば毎日)通院いただくことが最大の効果を出すために大切になります。また、ご自宅でセルフ灸、逆子体操、寝る位置のアドバイスをしっかり守っていただくことも、治すためには大切です。

逆子治療は、28週〜32週が修復しやすい時期となり、34週~36週になると赤ちゃんが大きくなり、お部屋が狭くなるため治りにくい傾向にあります。また、1回の治療で逆子が治っても次の妊婦健診時に逆子に戻っている場合もあります。 逆子(骨盤位)で当院に来院される多くの患者様は、来院前に逆子体操、寝る向きの工夫やトコちゃんベルトなどを使用されているにも関わらず、結果が得られない為、来院される方がほとんどです。

逆子鍼灸の最大のメリットは成功すれば、帝王切開を回避できるということです。
帝王切開には様々なリスクが伴いますが、逆子が治れば、それらのリスクを回避できます。

逆子鍼灸以外、逆子(骨盤位)を治す方法として外回転術がありますが、熟練技を要しますし、こちらも多少のリスクを伴います。心配な場合はまず、鍼灸治療をお試しになってみてはいかがでしょうか?

※臍帯が胎児の首に巻き付いている症例については、胎児の安全確保の観点から治療することができませんので、
予めご了承願います

超音波診断装置(エコー)

当院では超音波診断装置(エコー)を使い、施術前にお腹の中の赤ちゃんの位置を確認しながら逆子の治療をいたします。
逆子(骨盤位)と診断されて来院される患者様の約10%程はエコー確認後正常位です。
このため、的確な逆子鍼灸を行うため、エコーを使用しています。※超音波診断装置(エコー)の使用については,診療の補助としてではなく、逆子修復のための鍼灸治療に関わる判断の参考として使用しております。医師の診察に代わるものではないことをご理解願います。そのため、超音波検査料はいただいておりません。エコーで正常位であることが確認できた場合は、また、逆子に戻らないようにするための処置を行います。また、安産鍼灸をご希望の場合はその旨お伝えいただければ対応させていただきます。

逆子治療から安産鍼へ

逆子が修復された後も安産に向けて、引き続きお体の管理を担当させていただく事が可能です。
鍼灸治療を継続し、健やかに出産に入れれば、概ね7時間以内にほとんどの方が分娩を終える傾向にあります。
また、遷延分娩のリスク軽減にもつながります。

▼その他の「不妊鍼灸(子宝鍼)」コンテンツもご覧下さい
PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ