無排卵で悩んだら…

無排卵の場合、基礎体温は高温期と低温期の差がない波形になります。排卵をさせる必要がありますが、食生活の改善だけでそれを実現させるのには若干の無理があります。鍼灸の治療と並行し、婦人科の病院で治療を受け、排卵を促進してもらうか、または婦人科系のトラブルに強い相談薬局で適切な漢方薬を購入し、服用することも助けになります。

また、近年では西洋医学の病院でも漢方薬による治療、なかでも周期療法を取り入れているところが増えています。これは生理周期をいくつかのブロック(生理期、低温期、排卵期、高温期)に分け、それぞれ違う漢方薬を処方することで排卵を誘発したり、基礎体温を理想に近づけ、妊娠するように導く治療法で一定の効果を上げています。

もしこの周期療法を食事によって行うとすれば、出血のある低温期には無理をせず、気血を補います。低温期には卵子を育てるのに必要な栄養を摂り、排卵後の高温期には腎の働きを高める食事を摂るように心がけてみてください。

妊娠しやすいカラダ作り コンテンツ一覧

最近の投稿

 

アキュラ鍼灸院へのアクセス

  

Park Axis店

[渋谷駅より]
宮益坂口より徒歩6分、
13a出口より徒歩4分
[表参道駅より]
B2出口より徒歩8分

 

第二栄来店

[渋谷駅より]
宮益坂口より徒歩4分、
11番出口より徒歩4分
[表参道駅より]
B2出口より徒歩6分