食生活をチェックしよう

毎日の食生活を振り返ってみましょう。一人暮らし、共働き、習い事や子育て、介護などで忙しい方も多いことでしょう。次の項目をチェックしてみてください。

・食事の時間が不規則(1日2食以下/1日3食だが毎日違う時間/夜の食事は夜11時以降)
・早食いの癖がある
・冷え症なのにサンドイッチ、生野菜、牛乳などの冷たいものばかり食べている
・吹き出ものがあり、便秘になりやすい。暑がりなのに、油っこく味付けの濃いものや甘い物、インスタント食品、ファーストフードなどをよく食べている
・唐辛子を多量に使った激辛料理や、多量のアルコールなど刺激の強いものを多く摂っている
・テレビなどで「この食べものがよい」といわれると、そればかり食べる
・コーヒーを1日2杯以上飲む

食事の時間が不規則だと、体は次にいつ栄養を摂れるか分からないと考えて、必要以上に栄養をため込むので太りやすくなります。また、夜10時以降に食事をすると、分泌されるたんぱく質の関係で、同じ量を食べても脂肪がつきやすくなります。本来、深夜の時間帯は胃腸の粘膜の修復のために使われるべきものなので、胃腸はいわば残業をしいられ、メンテナンスに手が回らない状態に。朝起きたときに胸焼けがしたり、消化器が残業しているせいで睡眠の質まで低下してしまうのです。

冷え症なのに、体を冷やす食べものばかり食べたり、体に熱がこもっているのに肉類や、油っぽくて味付けの濃いものばかりを食べ続けることは、身体のバランスを崩す原因になります。また、刺激物のとりすぎも胃腸に負担をかけます。ある一種類の物だけを集中して食べること(いわゆる「だけ食い」)も、身体のバランスを崩す原因になりかねません。

バランスよくいろいろなものを食べる、消化しやすく、薄味のものをよく噛んで食べることが、身体を整える近道!身体のバランスが整うことで、嗜好まで変わることもあるのです。どうしても自分では食生活を変えられないという方は、生活の中に東洋医学を取り入れ、生活のアドバイスや管理をお願いするのもよいでしょう。

最近の投稿

 

アキュラ鍼灸院へのアクセス

[渋谷駅より]
宮益坂口より徒歩6分、
13a出口より徒歩4分
[表参道駅より]
B2出口より徒歩8分