不妊はホルモンのバランスが原因?

「妊娠しやすい体」とは、ホルモンのバランスの取れた体です。女性の生理に関わるホルモンには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)がありますが、なかでも多くのホルモンの原料となっている黄体ホルモン(プロゲストロン)の欠乏が、不妊症などのトラブルの原因であることが多いのです。

ここでホルモンのしくみについてお話しておきましょう。女性ホルモンは卵巣だけが関係するのではなく、脳の視床下部や下垂体から命令が出され、その命令を受けて卵巣、子宮が働くという階層的なしくみになっています。つまり、大切なのは脳からの指令なのです。

では、なぜ現代女性の女性ホルモンは狂いがちなのでしょうか?人間はストレスを感じると、「副腎皮質ホルモン(コルチゾル)をたくさん作れ」という命令を脳から出します。ストレスが続くと、他のホルモンを作る原料まで、この副腎皮質ホルモン製造のために使われてしまうのです。 もちろん、体は残された原料でなんとか女性ホルモンを作ろうとするのですが、どうしてもエストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れがちになってしまいます。

エストロゲンは卵を育てるホルモンで、プロゲステロンは排卵した後のいわば“卵の殻”から分泌されるホルモンです。エストロゲンの分泌が少ないと卵が育たず、結果として排卵も起こりません。当然、プロゲステロンも分泌されず、どうしてもエストロゲンが優勢になってしまうのです。生理痛、無排卵性月経など、昔はあまり耳にすることのなかった症状の原因の多くは、このホルモンのアンバランスにあると考えられます。

妊娠しやすいカラダ作り コンテンツ一覧

最近の投稿

アキュラ鍼灸院へのアクセス

[渋谷駅より]
宮益坂口より徒歩4分、
11番出口より徒歩4分
[表参道駅より]
B2出口より徒歩6分