ENGLISH
 お問い合わせ    

粗食のススメ

大昔の日本人の食事といえば、
お米と味噌汁と漬物が主だったといいます。
現代の食事と比べるとそんな質素な…なんて
思う方がほとんどだと思います。

でも多種多様な食料品がある現代の食事は
果たして日本人の胃腸や身体に合っているのでしょうか。

パスタやパン、ケーキや揚げ物など胃腸が頑張って働かないといけないものばかり。

たまには昔の日本人に習って粗食をしてみる事をお勧めします!
意外と日本人の胃腸は強くないのです。

特に漬物は侮るなかれ!

私は最近、浅漬け作りにハマっています。
かぶ、大根、白菜、人参など冬の美味しいお野菜もたっぷり摂れますし、
簡単でおかずのもう一品にピッタリ!

意外にもサラダでドレッシングかけた野菜を丸ごと食べるよりも塩分が少なくすみます。
そしてビタミンCやBなど熱に弱い栄養素も壊さず摂取出来る事も利点の一つです。
ぬか漬けですと更に発酵して乳酸菌も増えるので、ぬか床を毎日可愛がってあげられる方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

お正月で疲れた胃腸に手づくり漬物ご飯で
粗食の日を楽しんでみてはいかがでしょうか。

鍼灸師
小沢麻葵子

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ