ENGLISH
 03-5469-0810

さむ〜い冬にあったかスープはいかが?

いよいよ今年もあと残すところ、数日となりましたが、皆さま今年一年はどんな年でしたでしょうか?
急に冷え込みが強くなり風邪をひいたり肩こりがひどくなった、というお声を最近よく伺います。

私たちはしばしば外から受ける様々な事象によって病を発症することがあります。
これを「外邪」と呼んでいます。特に今のシーズンは「寒邪」という外邪が引き金となり、頭が痛い、鼻水が止まらない、喉が痛い、熱があるまたはお腹の調子が悪いなど様々な症状があらわれます。

でも。

お身体のあらゆるバランスがある程度保たれていると、こういった症状は現れにくいのです。
それは自身が備え持つ防御力、「免疫力」があるからです。

ずっと忘年会続き、仕事で毎晩遅くまで残業して食事をまともに摂っていない、睡眠不足が続いている、など体力が落ちて免疫力が落ちるとたちまちこの外邪に襲われます。

それなら栄養満点そうな焼き肉や健康的に聞こえるサラダをモリモリ食べればいい?

いいえ。

胃や小腸で行われている消化活動ってとてもエネルギーを必要とするんです。だからお肉や生魚などは胃を疲れさせる食材。そして生野菜は体を冷やす。また、牛肉の脂や生魚も体を冷やすと言われていますから冬の縮こまった胃袋にはあまり優しそうではありませんね。

私は患者様方によくチキン&野菜スープをお勧めしています。
なぜなら体が温まるしチキンの脂は免疫力をアップする、と言われているので。

私が栄養学の師と崇める Dr. Maoshing Ni が今月の食養生の話として「スープ」を勧めているのでご紹介いたします。

Immune-Boosting Soup(免疫アップスープ)

以下の食材を30分煮込みます。

キャベツ
異物に感染した時自己免疫力で闘う力をアップ

生姜
健康的消化を助ける

シイタケ
クマリンと呼ばれる抗ガン剤として使用される抗凝固剤、多糖類、植物ステロイド(ステロール)と言った免疫力アップ成分が含まれている

お好みの海草
血管内にこびりつく不要物を絡めて排泄してくれる働き。ワカメ、昆布(とろろ昆布やガゴメこんぶでも)、メカブ、海苔、ひじきなんでもおお好みの物

チキンスープストック(鶏ガラスープ)
免疫力アップ成分

にんじん、タマネギ、オレガノ
健康を保ち栄養素を多く含みなおかつ風味を豊かにする。

私は必ず鶏胸肉のミンチやお豆腐、がんもどきなど蛋白質の食材を必ず一緒に入れてone-dish-dinnerとして手軽にいただきます。
食材の量?お好みで。スープをつくるのに細かい制約は要りません。

Ni先生はこれを毎日食べると「寒邪」を寄せ付けない身体づくりができる、としていますが、
毎日食べないまでも、温かいスープ食、例えば鍋料理として気軽に温かい夕飯を楽しめれば良いと思います。
それにしても、海草やシイタケなど日本で古くから広く親しまれている食材が西洋の自然食文化にこうして溶け込んでいるのはとても嬉しい事です。

さぁ、今年もあと残すところ一週間、病いを寄せ付けない身体をつくって気持ちよく新年を迎えましょう!
皆さまにとって新しい年が穏やかで素晴らしい一年であります様お祈りしています。

Acupuncturist 大西 葉子

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ブログランキング


アキュラブログでは、「妊活・不妊鍼灸治療」カテゴリーにて以下のブログランキングに参加しております。
記事の内容がお役にたてた場合は、以下のバナーをクリックしていただけると幸いです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

健康と医療(不妊)ランキング
健康と医療(不妊)ランキング

妊活ランキング
妊活ランキング
PAGE TOP