ENGLISH
 お問い合わせ    

「食用ほおずき」

今回私は、ビタミン豊富な「食用ほおずき」を紹介したいと思います。
「観賞用ほうずき」とはちがいます、「食用ほうずき」です。
$acura acupuncture clinic blog
私は幼い頃「観賞用のほおずき」を、あのオレンジ色があまりに美味しそうに見え、こっそり食べたことがあります。
そのお味・・・・・それは大変、大変渋く、ものすごい、ものすごーく苦かった!!
なので「食用ほおずき」もきっと苦いのでは。。。と思ったのですが、これが甘酸っぱくフルーティーで美味しい!!
$acura acupuncture clinic blog
観賞用としてのイメージが強いほおずきですが、フランスやイタリアでは食用として栽培され親しまれているそうです。
また、南米では古くから薬効成分が高いということで食用ほおずきが病気の薬として用いられてきたそうです。
そして、この食用ほうずきビタミンA (トマトの4倍)、ビタミンC、鉄分(トマトの2.5倍)、カロチン、特に、ビタミンB郡の一種であるイノシトールが豊富に含まれています。

「イノシトール」:細胞の成長促進に不可欠なビタミンB郡の一つ。(オレンジ、スイカ、メロン、キャベツ、トマト等にも含まれる)
からだの中に余分なものをためないようにする働きがあり、美肌、コレステロールの低下、整腸作用、動脈硬化、脂肪肝、肝硬変の予防、抜け毛防止など効果がある。

皆様もビタミン豊富な「食用ほおずき」食べてみてはいかがですか?
手洗い、うがい、しっかりビタミンををとって風邪予防してゆきましょう。

鍼灸師 庄子

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ