ENGLISH
 お問い合わせ    

【妊活!50の条件】46 – カフェインはなるべく避ける!

 妊婦に対するカフェインの有害性は、以前からアメリカでもさまざまな論文が出されています。

しかしそれだけなく、何杯もコーヒーを飲むことによって妊娠する力が低下し、コーヒーを飲まない人と比べると、妊娠率が低下することが報告されているのです。1日数杯飲むだけでも、その違いは出てしまいます。

また喫煙者で、カフェインも摂取する人の場合は、より妊娠しにくいという調査結果も発表されています。

私自身もこれまでの治療の経験から、コーヒーをたくさん飲む人に見られる、ある共通点を感じています。

それは、カラダの冷えが強く、妊娠に関連する3つの経絡(肝、腎、膀胱)にも冷えが現れている人が多いということです。

カフェインは、交感神経を活発にする作用があり、中枢神経を刺激するので疲労感や眠気を一時的に解消することができます。

しかし過剰な刺激によって、不眠のきっかけになることもありますし、そのうえアドレナリンの分泌も促進するのでイライラし、怒りっぽくなります。

加えてインスリンの分泌を促進するため、低血糖を起こしゃすくなります。低血糖になるとさらにイライラがつのり、低血糖を解消するために衝動的に甘いものが食べたくなるという悪循環があります。お茶うけのお菓子に精製された砂糖が入っていれば、それがまた、カラダを冷やすことになってしまいます。

そして何より、カフェイン自体に妊娠力を下げて、カラダを冷やしてしまう作用がありますから、妊娠を真剣に考えているならば、コーヒーなど、カフェインの強いものを飲むのは控えたほうがいいでしょう。妊娠初期でも、出産まで万全を期すのであれば、カフェインは控えたほうが無難です。

カフェインは、コーヒーだけでなく、コーラや紅茶、緑茶、チョコレートなどにも含まれています。できれば日常の飲み物はカフェインが含まれていない麦茶やそば茶、ハーブティー、カフェイン不使用のディカフェコーヒーなどに変えることをオススメいたします。

~出来るカラダづくりを応援する!~

アキュラ鍼灸院の妊活応援グッズ - 書籍、サプリメント、などのサービス一覧。

妊活特化型専用サプリメントとお灸

医師・薬剤師・管理栄養士共同開発 独自ブランドのサプリメントとお灸の販売サイト
プレママプラス ~出来るカラダづくり

院長著書一覧

東洋医学の考え方で妊娠できるカラダになれる!
『カラダを温めれば不妊は治る!』

不妊治療で通院する前に読みたい妊娠しやすいカラダづくり
『東洋医学で妊娠しやすいカラダづくり』

不妊鍼灸専門 鍼灸院について

アキュラ不妊治療院が選ばれる7つの理由

提携クリニック内 鍼灸治療のご案内

京野アートクリニック高輪

WEBメディア

All About 不妊鍼灸・東洋医学ガイド

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
ENGLISH
 お問い合わせ