【妊活!50の条件】18 – 「トランス脂肪酸」について

妊活応援ブログ

「トランス脂肪酸」という言葉を知っていますか? 最近よく聞かれるようになった「トランス脂肪酸」は、水素を添加し高温処理した特殊な油で、マーガリンやスナック菓子、ファストフードなどに使われてきました。

トランス脂肪酸は酸化しにくく安定した状態を保つことができるので、企業側としては扱いやすい油です。

しかし、人間のカラダに入ると二度と分解されず、また排出されにくい脂肪なのです。そのうえ、善玉コレステロールを減少させ、動脈硬化の原因と指摘されています。また、女性のホルモンであるエストロゲンを増やす作用があり、そのためにホルモンバランスが狂ってしまうといわれています。

アメリカやヨーロッパ諸国の一部では、健康に対する配慮から、この油の使用率を下げるよう規制が強まっています。たとえばニューヨークでは、06年12月初めに、市内の飲食店での使用が規制されました。

一方、日本ではまだトランス脂肪酸に対する規制は始まっていません。ということは、今のところは自分で自分の身を守るしかないのです。ファストフード、スナック菓子、インスタント食品などはなるべくとらないよう心がけたほうがいいでしょう。

そのほかにも、カロリー的には十分でも、偏った食事を続けていると、栄養不足になる場合もあります。

自分の好きなものばかりを食べていては、深刻な栄養不足を招きますし、栄養不足は最も栄養を消費する大食いの脳にまっ先に影響を与えることになります。

脳には視床下部、脳下垂体といったホルモンの分泌を決定する最高司令部が存在していますが、栄養不足でこの働きが低下すると、まず最初に女性ホルモンの分泌に異常をきたします。

また生殖機能は、次世代をつくるための、いわばオプションですから、自分の生存があやういときにはまっ先に切り捨てられる機能です。ダイエットなどで極端に栄養が不足すると、自分自身が生き残るために生理を止めてしまうことすらあるのです。

偏った食事や、無理なダイエットは、妊娠からどんどんあなたを遠ざける結果になりますので、十分に気をつけてください。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
最初から読み直すには 『妊活!50の条件 』 からどうぞ。

お知らせ

『ココロもカラダも温める』をテーマに、妊活するすべての人へメッセージを発信しています。
時節に応じたカラダの養生、たいけん先生がお悩みにこたえるQ&Aなどのインスタライブも好評です。(毎月第4日曜日予定)現在、フォロワー数が1,400人以上となっております。ぜひ、フォローお願いします!

\フォロワー急増中!!/

授からずに悩んでいませんか?

院長が患者様に伝授してきた妊活のゴールデンルールを「サプリ、お灸、ワークブック」にまとめ、セットにしてお届けします。

\愛用者急増中のオリジナルセットです/

こころもからだも温める… アキュラ鍼灸院

不妊鍼灸、男性不妊鍼灸、逆子鍼灸 / 不妊漢方
一般鍼灸(肩こり、腰痛、耳鳴り、アトピー等)
最寄り駅(渋谷駅・表参道駅)

診療時間(火曜日休診)
10:00~21:00(月・水)
9:30~21:00(木・金)
9:30~18:00(土・日・祝)

妊活応援ブログ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

記事がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次